今年はとても美味しいびわの葉茶と出会いました。それは私にとってほどよい味、ということなのですが、嬉しい出来事の一つです。
昨日はまだ瞑想にも慣れていない方のいる「自分と出会う」会の初回でした。たくさん瞑想するといいです。これは回数が大切というのではなくて、外にではなく自分に向かっていくものを積み重ねていくことで、そのうち一段アップするかのようにシフトする時も来るので、そうしたらこれまでの自分のことがもっと客観的にも見えるようにもなるよ、ということです。今は同化してしまっていて、それになっているので、一体化してしまっているがゆえに自分がどういう状態なのかが見えていないのですよね。
これまでと同じ環境に居るままではなく、自分を成長させるような場所に自分を運ぶということも重要です。これまでの日常の中にいるままでは、新しいことは起きないからです。じっと待ち続けているだけでは新しい世界に連れだしてくれる白馬に乗った王子さまは現れないのです。頼りない足りないままの自分で歩き出し、最初は地面を這うようにしか進むことができなくても、求めて練習し学んでいく先に、新しい自分が生み出されゆくこともあるのだと知ることになります。馬に乗った王子さまは自分だったりするのです。


2017.04.15 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲