ワーク型セッション (リーディング・カウンセリング込)のお申込み 最新の状況はこちらからご覧ください。
ワーク型セッション (リーディング・カウンセリング込)のご案内⇒★2017年3月下旬より本格的に移行
(2017年3月25日までにご予約の方は通常のリーディング・カウンセリング可です)
セッション予約状況最新情報&ご予約⇒★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<3月のお知らせ> 
これまで運勢や時期読みなどを含むリーディングやカウンセリングも受付してきましたが、2017年下旬よりご本人参加のワーク型セッションという形に変更させていただくことになりました。これまでも約6年ほど前から自然と8割の方がワーク型に近いセッションでしたが、現在は9割以上がワーク型になっています。そのためこの度さらに内容を充実させて誘導瞑想、パスワーク、透視、占星術初級、タロット、十牛図、9分割、など学びを軸とした形でのご本人参加のワーク型の個人セッションにすべてを変更させていただくことになりました。
本当の自分自身に出会う旅をテーマとし、ご自身でも日常の中で取り組むことを挑戦していただく各種ワーク型セッションです。
運気や時期を占うということに特化したメニューは無くなります。ご了承くださいませ。3月25日現在すでにご予約済みの方は何ら変更はありません。わかりにくい場合は詳細お問い合わせください。また、少人数での講座はこれまで通り開催です。

★☆2015記「立体ライフシンボル」という療法についての詳細・運営について
2017.03.31 Fri l 明日の運勢・星の位置から l COM(0) TB(0) l top ▲
セッションの形が統一、メニュー表記が変わります。9割以上の方がすでにワーク型の個人セッションなので変わらないじゃん、という印象の方も多いとは思いますが、あらためてお知らせさせていただくことにしました。
わかりにくい方、特別な内容で相談したいという場合、紹介での予約の方はお気軽にお問い合わせください。

2017.03.25 Sat l お知らせ new! l COM(0) TB(0) l top ▲
自分の言動を小さくても確実にそれまでと違うものに変えていくことで、起こる現実は変わります。これまでなぜそうしてきたのか、それを明かしてゆくとき、私たちは新たに「選ぶ」ことになるでしょう。

2017.03.23 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
本日、春分。なんだかはじまり感あり。前後は気を失うように眠っていました。そうそう、東京の桜も開花宣言が目前だそうですね。明日は冬に戻るみたいに寒くなるそうですが、それでもやっぱりもう春ですね。

2017.03.20 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日はパスワークをしていました。パスワークをすることで今の自分を確認することができます。意味がわからなくてもエネルギーを流すことになるので、その影響は全身に行き渡ります。感情や思考、身体、そして自分の今これからの行動力に。

2017.03.18 Sat l パスワーク l COM(0) TB(0) l top ▲
過去と未来、その間にあるのは今という現在で、だからこそ未来を変えることのできる可能性はどこでもなく今ここに居る自分です。
将来を漠然と不安に思い怖れ、心配することばかりの日々の状態であるなら、それは今ここに居ない状態。環境や他者のことばかり気になり自分と出会うこと以上に外を見ている状態であるなら、それは今ここに居ない状態です。
自分の今ここに居なくてお留守にしている状態だと、具体的なことが思いつかないとか、行動することにおいて体が動かない、なんていうことが起きやすいようです。
今ここに居るってどういうことなのか、いったいどういう感じなのか、知ることへの欲求が起き上がってきているのを自分の内側に感じたなら、それはチャンス、でしょう。

2017.03.16 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
タロットのパスワークは、人生を変えてしまうような強烈な影響力があると思います。それはタロットという存在が凄いのではなくて、自分の意思で旅する自分を育ててゆくこと自体が大きな学びや気付きに繋がっているということです。私たちは、気付きが生まれれば自らの行動が何がしか変わります。それまで同じようにということはもう無いでしょう。タロットの世界や生命の樹という大きな胸を借りつつ、自分の意思は少しずつ育っていきます。
2017年版として新たに始まった個人セッション型でのパスワークも何名様かすでにスタートしています。これは2週間~4週間の間を空けつつ各回1時間~1時間半で1枚ずつのパスワークをしていきながらそのカードに象徴されているところを実生活で体験して来よう、それを発表していただこう、というものです。実はこれは自分のもともとの問題点をあぶり出すことにもなりますし、インナーチャイルドとの出会いや癒しにも関係していきます。さらには宇宙とのつながりの回復ということも関係しています。
本日の方は、まったく今までタロットを触ることも無かったという方のセッションワークでした。
天と地のエネルギーチャージを受け入れ自分の中で循環し始めると、私たちはより元気になります。冒険に出る準備が整っていくでしょう。
例えば、数日間でまとめてパスワーク22枚を歩くというのは、自分の本当のことを起動させることになるでしょう。大きな影響です。入り込んで行うほど結果も大きいと言われています。時を変えて、パスには何度も入るのがいいでしょう。
その時の参加人数にもよるのですが、見てきたものを発表する時間もあるので、長くて一日5~6時間ほどで2日~それ以上かかります。

2017.03.13 Mon l パスワーク l COM(0) TB(0) l top ▲
環境に対して繰り返すネガティブな自分の様々な発言を、それはいけないこと、と自分を責めて一人で苦しむ前に、自分の言葉として何が出てきてしまうのか言わせてみて自分がそれを聞くという時間を持ってみるといいでしょう。実際に相手に直接言うのではなく、です。でも、相手や環境などに対して言いたい文句や不満や欲望など、を自分に言わせてみるのです。それを集めてみましょう。紙に書くといいです、忘れないように。感情が揺れるような出来事があった日には取り組みやすいかもですね。言ったり書いたりしているうちに熱が入って本気になってくるかもしれません。少しの時間それもいいでしょう。必要なのは自分から出てくるもの、をまず体験することです。
こんなにもそんなこと考えているのか、とか、そんなにも強い感情だったのか、など、自分自身に驚くこともあるかもしれません。それもジャッジせずに自分の中に「ある」「あった」ということをまずは認識するという体験をします。
実は自分の内側から出てきたたくさんのそれらの言い分は、奥底にいる自分が他人にではなく表面の自分自身に言っている言葉、だったりします。自分が自分にかなりな状態でものを申している状態を発見するチャンスです。
自分が自分の様々な感情を受け止めるということがうまくいっていなくて、自分(頭)ともう一人の自分(感情)が相反する状態のまま放置していたり、強い自己否定で自分とぶつかっている状態などが考えられるということです。あるがままの自分ではなく、いい人でいなければならない、正しくなければならない、と力を入れて頑張り過ぎている体験がある方に多いかもしれません。
自分では難しいとか、判別不能だという場合には、セラピストを頼りましょう。他者からの影響で信じ込み食べてしまったものは吐き出すことが可能です。これらをほどいてゆく道はあるのです。

2017.03.10 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近、見る夢が毎日なんだか面白いです。これまでとは違う質感と内容で、その内容を見ながら新たな環境について学習している感じです。今は魚座の太陽に海王星、さらにほかの天体が重なったりつながったりしている中にあるので、それもそのはずか、と思います。
日頃のイメージは重要なので、自分の欲しい環境や欲しいもの、なりたいものに関連しているものをたくさんイメージングしてください。それが自分にあって当然だと思い込めるといい感じです。信じているのです。しかし、欲しがりすぎる状態って、「無い、無い。来ない」って熱意をもって言い続けているのと同じだからなかなか現実化しにくい方に自らが協力している状態でしょう。自分に当たり前にそれがある状態を味わうことができると、そのための行動を起こすことも思いついたりしやすいし、実際そう動き出すし、やがてそれは自分のもとにやってきます。
願いを叶えるのってそういった「コツ」があります。

2017.03.07 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
信じてきた世界から卒業してゆくこと、それは新しい信念体系への移行ということですが、自分に染み込んでしまっているものから離れてゆくために必要なのは「それを見る」ことを自らの意思ではっきりと望み、求めることです。どうもこれまで通りのままのやり方ではもう駄目らしいということを自覚することです。
私たちは確かに望めば変わることができるけれど、その際に必要なことは「整理整頓」でありある意味「捨てる」ということです。未来を歩くのに必要なものを選び、必要以外のものは手放すということが、容易にできるのか難しい状態なのか、自分の今を確認しましょう。
たとえて言うなら、これまでの自分の古い習慣を手放していきます。古い考え方を手放していきます。古い対人関係の運営の仕方を手放していきます。ということが必要です。そのためには、必要なものとそうでないものに対してはっきりした態度を自分がとれるかどうかということが肝心です。
ようするにこれは「引っ越し」です。変えることが目的であるなら、あれもこれも持ったまま過去のまま未来へは移行できないのです。仕分けして後始末をきちんとしてスッキリと旅立つのか、あれもこれも始末を付けられずにぐだぐだにしてしまうのか、自分のこれまでを思い出してみるといいでしょう。このままでいいか、そこから変える必要があるのか、自分のいつもの慣れている動き方を観察しましょう。
これは新しい宇宙に渡りをつけるってことについて、その実践のお話です。理想で終わらせるのではなく、確実に起こすことについてです。

2017.03.05 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
直近で見た映画はですね、例えば
片渕須直監督の「この世界の片隅に」
ティム・バートンの「ミスペレグリンと奇妙な子供たち」
あの『セッション』のデイミアン・チャゼル監督の最新作「LA LA LAND」
シドニー・ポラック監督の「愛と悲しみの果て」という感じです。
この中で一番いいのはダントツ「愛と悲しみの果て」です。これは1985年公開で、私がまだ10代の頃でした。メリル・ストリープとロバート・レッドフォード主演。今回は様々な映画館でやっている「午前10時の映画祭」での上映で先日観ることができました。
たぶん大人になってから見るといい映画です。無自覚に天の父を求める女性と大地の母を求める男性が、地上で近付き過ぎるといつの間にか欲しがりすぎて、具体的なものを求める女と括られると死んじゃいそうな心持ちになる男との葛藤とか。望んではいないのにお互いを傷付けてしまうその有りようとか、与えることと受け取ること、ゆだねることや依存と自分で立つこと、小さな社会で生きる人と大いなる自然の中で生きる人、誰かの心の中に生きるってこと、となどなどアフリカの大地での物語です。これ以上の説明はやめましょう。原作は「アフリカの日々」でイサク・ ディーネセン。デンマークの女流作家で彼女の実話です。他にも彼女の作品は映画化されていて「バベットの晩餐会」は好きな作品です。
ちなみに私の出生図の火星は射手座です。高校の時には映画同好会におりました。

2017.03.02 Thu l シネマ l COM(0) TB(0) l top ▲
3月になりました。早いですね。もうすぐひな祭り。
先日の日食をテーマにした半年間の取り組みをワークにして継続的に取り組んでみたいという方はご連絡ください。継続的個人セッション型でのワークをご用意できます。解放と浄化、意識の世界の学びによる自己の成長、などを目的としている方に。月1~2回程度で半年。

2017.03.01 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲