FC2ブログ
何かの出来事があって立ち止まらざるをえない状況になった時、それはハッキリ言ってチャンス到来の瞬間です。少し時間をかけつつよく考えてみましょう。その出来事が自分に起きたとき、どういう思考と感情が自分の中を駆け巡ったのか、そして結局どこに落ち着いていこうとしているのか、ということをです。
どう感じているのか、何を感じたのか、だからこそどう思うのか、よってどう信じてひとつひとつを行動するのか、というところが重要です。自分を観察しようとしてみましょう。
良い悪いはありません。出来てる出来てないからどうだっていうのでもありません。自分が自分をどのように見ているのか、判断しているのかということにもっともっと興味を持ってみましょう。私達が無自覚に信じこんでいるものというものがあって、それによって様々なことがもう方向付けられてしまっているものなのだ、ということを発見しましょう。無自覚なまま走らせてきているものにさえ気がつける可能性がある、立ち止まる時は発見するチャンスです。


2019.11.06 Wed l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
いきなり大きなところに目を向けるほど、それは出来ないことのようにも思えたりしてしまうものなので、小さなところに意識を向けていくことから慣れていくといいのだと思います。小さなことを確実に変えてしまうまで途中でやめないとか。小さなところで起きていることをあらゆる角度から見るぞというチャレンジをし続けるとか。
大きなことに目を向けてばかりいると、はて? じゃ手元で何したらいいの? となったりする場合もあると思います。すると焦るとか落胆するとか、ついに目的自体を否定し始めてしまったり。
それはそれで自分の中にある、成し遂げることに対する否定性に出会えたということなので別のワークというか取り組みをしていけばいいのですが、ただがっかりして手を離してしまうということもあると思うので、このあたりはチェックしてみましょう。


2019.11.03 Sun l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
理想を描いて常々そこに行きたいと言い続けているのと、目の前の何を改善し行動を起こすといいのかを小さく探しては実行しているのと、時間の経過と共に両者の行き着くところはずいぶん違う風景になるでしょう。生活の中での願いを叶えるという、現実的であることを望む場合には、手元の改善や新たな実際行動が必要です。
あと、社会に求めるものと、見えない世界に求めるものとをごちゃまぜにしてはいけない、ということを再認識させられる話が本日ありました。それぞれの世界においてのことを知らず混ぜ込んでしまって、地上的欲求の一点張りという場合もあって、ご本人は無自覚なわけです。ここも要注意なところ。根本的に許されていない(自分が自分に)欲求や感情を持っていることに無自覚なままだと進みにくいので、抑圧や極度の否定性の解放のためのワークが必要な場合もあります。
自分の欲求はひとつずつ自覚的に叶えていきましょう。


2019.09.14 Sat l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
土台を再確認する必要あり、的な出来事有り。普段の時間の使い方とか仕事の仕方や配分など長期的なことも踏まえて、最近はあれこれと考えるようになってきました。湧いてくるいろいろなアイデアをどのようにひとつずつ形にしていくといいのかもこれからの重要なところ。ひとまずメモ描きまくりです。
これまでから見ると次のステップへと一歩進んだ新しいアプローチでの十牛図の個人セッションでのワークの準備も進めています。これは今月からスタートする方がいます。
いろんなことに言えるのだと思いますが、考えてるだけじゃなく何事も地道にひとつずつ、具体的に確実に進めていくのが早道ですね。乙女座新月直後らしい感じ。



2019.09.01 Sun l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
様々な立ち位置に立てるようによりなっていくことは重要なことです。先の見えない現場でも、より円滑にコトを進めていくことが出来る可能性を手にするということでもあります。メールのやり取りでそんなお話しになりました。


2019.07.24 Wed l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
連絡が入ってきていて、大きな変化を体験している方も少なくないです。まずは深呼吸して、静かにゆっくりと呼吸しましょう。

2019.07.19 Fri l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
私自身もたくさんのことを整理しながら、ここから先を作っていくということに試行錯誤しながら向かっていく中にあったりします。これまでとこれからの違いをより明確に意識させられるような日食(7/3)と月食(7/17)が続きますね。食は次の食までの約半年間の影響があるので、今年の12月26日の金環日食までということ。自分の蟹座と山羊座についての意識をより拡張していこうとするのがいいよねと思います。その期間中に自分に何かが降ってくるのか、もたらされるのかと期待したり待ち望んだりするといいよということではありません。
そもそもすでに自分は何に興味を持っているのか、どうしたいのか、どうなりたいのか、という現状に向ける意識からの次への一歩というチャレンジです。よって自分をより知りたいのだ、解放したいのだ、というテーマもありなのでしょう。そういう自分が結果的にはどのように社会に立っていくのかという話になっていくのです。

2019.07.14 Sun l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
金星と太陽の話をしていました。「13・死に神」と「10・運命の輪」の話を、連続パスワークをしていない方ですが、現状把握にはぴったりだと思ったので。ご本人もかなり納得された様子。しばらく自分を観察するということで、自主ワークとして持ち帰られました。本気だから向かっていける、今になってだからこそようやく自分のことに関わることが出来る、そう仰っていました。
50~60代になってから自分の時代が来るっていう方もいます。だからやってのけるのがいいです。諦めない、言うこと聞かない、レールは自分で引きたい、そりゃぁもういい感じです。

2019.06.28 Fri l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
例えば、まだまだ先のこと…なんて、細かな計画を立てていなかったところへ計画の変更や修正、さらには新たなテーマまでを用意して早速動き出したまえ!といわんばかりの出来事を体験中の方もいらっしゃいます。それはやっぱり長期計画というか、先の方に夢見ていたものを現実的に捉え直して、本当のことにしたらいいじゃないって言われたような感じで。遠かった自営という言葉が近くなってきているという最中にいる方のお話しを聞きました。
現場でやった分だけ成長するということも体験し、知ってしまったそうです。もう知らなかった頃には戻れないし、戻る必要もないのだと思うようになったそうです。今手にしている自分が賢明に練習を積み重ねて手に入れたことと一緒にこれからを歩いて行くのだと。時に身をよじるように、大変だー困ったー逃げたい!ってなりながら。だそうですよ。(笑)
きっと未来の自分が、もうすでに自営の現場であなたが来るのを待っています。そんなことも意識してみたりしてください。

2019.06.11 Tue l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
私達にはすでに前提があって、それに無自覚すぎる。自覚的ではないところにある思い込みが、自分の中にある「当たり前さ」も生みだしてしまう。本当のところどこにも誰にも通用しないようなことさえも、当たり前の常識として信じ込んでいたりする場合があるのも私達で。
良い悪いという判断ではなく、そういう無自覚なことが多すぎる意識状態の人を自分は生きているのだなって、思うところからがほんの始まり。忘却とか眠りとか、私という存在をそこから起こして生きてみれたならどれほどの違う世界を見ているということなのだろうかと、思い描くということが日々の中に起きる、なんてことが。
サビアンシンボルを読み続けて、考え続けていても、そこに何度でも発見する。無自覚な自分をまたひとつ発見することが出来るということがありがたい。


2019.05.06 Mon l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
最近は、お一人ずつのテーマがより色濃くハッキリと浮かび上がってくるという傾向にあるなぁと思います。自分で捉えて意識的に目的意識にしていくことで、ぶれない私になっていくでしょう。この春分からの一年、ひとつずつを進めていかれますように。

2019.03.29 Fri l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
わからないままに動き出すことの、その実体験の重要性を感じるのです。見よう見ようとしても見えないものと出会っていく現実。
なんだかずいぶん春ですね。あたたかくなってきました。

2019.02.26 Tue l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
何かオススメのワークはありませんか? と聞かれることが時々あります。二年ほど前からかな、ここ最近は、パスワークをお知らせしています。占星術を全く知らなくても、タロットを全く知らなくても、また瞑想をしたことがなくても、案外と大丈夫なものだなと、その現場から知りました。前もって占星術やタロットについて知っているかどうかより、ここに居る今の自分に、知りたいとか、変わりたいという「意志」があるかないかの方が重要なのです。コトは起こせるものだと思うのです。現場から、そう教えてもらっています。


2019.02.22 Fri l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
部屋の中のものを新しくしてみるのもいいですね。あまりに古くなってしまっているものは新しくするとか。明るい色彩を取入れるとか。大きなことばかりに目を向けては、出来ないなぁってため息…というのではなくて、小さなことをやってみるといいと思います。昨日のOさんは、まずはキッチンのスポンジを新しくします、と言ってました。小さなことをたくさんしてみると、やってる自分の気持ちや言動も変わっていくから、まずは手が伸ばせるところから!なんていう話をしてました。

2019.02.18 Mon l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
すっ飛ばしているものがとても多い、多すぎるのが現状なのです。自己を振り返るっていうことひとつとっても同じで。さらっと実は肝心なことをスルーして何も発見するものが無いような無かったような感じにしてしまうこととか。
観察すること自体が当たり前になっていないために、見た気になる、観察した気になるというのもあるでしょう。
どういうこと? って考えましょう。今自分がしたのは観察したと言えるかな? って振り返りましょう。例えば、取りこぼしているものがたくさんあるのが当たり前なのが私たちなのだと、見ているようで見ていないのが私たち人の意識なのだなと、そういう前提がまず手前にあると、違ってくるものもあると思います。


2019.02.10 Sun l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
今をどのように変えたいのか、どのようになっていって欲しいのか、このままではなくて、どうなりたいのか、そういうことを考えて言葉とか文章にしましょう。明らかにする、明確にするということです。それがなければ途中経過もゴールもいつの間にか失われやすくなり、結果うやむやになりやすいものです。

2019.01.26 Sat l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
ご予約いただいた方と喫茶店などで待ち合わせをしていると、よく言われることがありました。初めてでもわかるようにテーブルの上にはタロットを置いていたのですが、約束の時間にいらっしゃらないのです。少し遅れてからいらっしゃって言われることは「探しました、いったいどこにいらしたのですか?」です。とある座席に座ってスタンバイしているわけなので、とあるモード状態で移動すること無くそこにちゃんと居るのですが、そうやってスタンバってると「どこにも居ない現象」が起こりやすくなるという。(笑)
ある時には、いつもの場所で待っていると、メールで予約の方から連絡があって「建物に入口がありません、どういうことですか? どうしたらいいですか? 入口はどこですか?」という???な内容だったりして。その時には即座に、イメージで入口を描いてそれをオープンして開きます。ということをします。するとすぐにメールが入ってきて「ありがとうございます。入口がありました」と連絡が。
その方は「本当に不思議なんですが何度通っても入口が無いんです、そして今は入口があったんです!」と興奮していらっしゃいました。そんなようなことも時々あります。

2019.01.24 Thu l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
頭で考えているだけのことなんだって案外気が付かないまま理想論を口にしていて、知らず自分も出来る気になっていて、けれど実際にさぁどうぞ!って言われた時には身体が迷ってしまって動かない…あ、どうしよう! なんていうことがあったりするよねっていう話が出ました。
目の前のものがダメだと思えるとして、ならば自分はどうありたいのか、具体的に細かくイメージを描くことを普段から練習しておくといいですよ、という話しになりました。
ダメ出しじゃなく、夢とか希望の場合にも同じです。様々な場面で具体的にどう動くのかというところをたくさんイメージできるかどうかが肝心です。


2019.01.18 Fri l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
これまで以上のあり方や可能性を求めるのなら、その時には、今信じ込んでる自分の世界観の外に新しさはあるのだということを思い出しましょう。私達はいつだって信じている世界、世界観の中に生きている。


2019.01.14 Mon l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
日常的に使っているものが壊れるっていうときは、ひとつのサインだなって思う。手放すタイミング。新しくするタイミング。これまでと違った選択、進み方、進め方をするチャンス。

2019.01.06 Sun l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
ほんの少しの時間でもやはり瞑想の練習は継続的にしていただく方が進みやすいと思います。極端に、1分でもいいから、続けることが肝心、なんて言い方をしますが、嘘ではありません。ほんの少しの時間でも、自分が自分の方を向く、向こうとしているという瞬間が継続的に日常に存在していること、それでこのあとどうするのが瞑想? って考えてたり思っていたとして、瞑想とか自分に向かうということが気がかりな状態であることが、その先を生み出すことになるでしょう。
わからないとか気になることがある場合には、探そうとし始めましょう。

2018.12.28 Fri l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
自分の心がいかに動いていないかを知らずに来ていたのに、気が付いてしまったのだというお話し聞きました。こんなにも自分はこころが動いていないし、他者に関心が無いし、それなのに外に向かってこの自分をしょっちゅう受け入れてもらいたがっている、勝手に期待し落胆してる…それが自分だと思います。って、お話しをされるNさんは、新しい立ち位置に立とうと練習している状態でした。気付くときが来た際には衝撃があるものだと思います。まさかまさかの自分の有り様なわけです、そこに発見してしまうものは。
それでも逃げ出さずに、否定もせずにいきましょう。ほんの少しずつ。
見えなかったものが見えるように今は変わってしまった、のですから。これからもたくさんシフトしていけるのです。
冬至、そして直後の満月、が過ぎました。


2018.12.24 Mon l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
とあるチームがまず動き出すと思うのですが。立体ライフシンボルをこれまでの視点とは違う位置から体験してみよう、という動きが出ていまして。これまでの、というのは、あくまで「現世欲求」にメインの柱があるということかと思います。来年稼働するチームは、これまでシルバーを制作したことはありませんが、パスワークを終了および継続しています。
現段階で考えているのは、時期を変えて、四つ作る四回という形でワンセットになる形です。主軸は四つの階層を意識することを目指すということ。一番下の物の世界に足場を起き続けるままではなく、次の段階へと足場をどうにか移動可能にすることを意識的に取り組んでいく中でのシルバー制作である「立体ライフシンボル」をやってみようという声が出たので準備していきます。9分割の理論などの話の時間も通常より多くなると思います。占星術の基礎的なことと生命の樹、パスワーク、十牛図などと連動させてお話ししていく部分も通常版よりあるかと。なにより私自身がもっともっと色濃くしっかりせーよ、色々考えて行けよ、ということなんだよね、と思っております。中長期的に。
もちろんこれまで通りの現在の自分のでこぼこしたところに意識を向けて改善していこうとすることや、願いを叶えていくという「立体ライフシンボル」も継続開催していきます。こちらは何の専門的な知識も必要なく「自分と出会いたい」ということで参加いただけます。ただただシルバーアクセサリーを作ってみたい、という方にもご参加いただけます。


2018.12.16 Sun l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
信じているもの、無自覚に信じこんでいるものが変わってしまうと、現実化されるものが変わります。変わり始めます。当然のことなわけですが、私達はなかなかに信じこんでいるものを意識的に変えていくことが簡単では無いという世界を歩いていることの方が多いので、どうしたらいいのかさえわからないまま日常をまんまの自分で過ごしていくことも少なくないのが現状です。けれど、何かを規則的に練習し続けることで、変えることの可能な自分が出現するのだと思います。ただただ考えてどうしたらいいんだ? と言っているだけでは、いつまでも何も変わらないでしょう。わからないながらも練習を積み重ねていくっていうことのスゴさ。後々になってしか実感できないこと。


2018.12.15 Sat l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
気になるのなら、そもそも始めていないか、あるいはまだ卒業していないってこと。気になる「それ」においての未知の領域がまだ存在しているってこと。ならば、早くなんとかしなきゃ、とか無理に卒業しなきゃいけない、というのでは無くて「まだそれに興味があるのだよ私は」と自ら受け入れよう。自己を下げたり否定したりしながら今を超えて凄いところに行こうっていうのには無理がありすぎる。今の自分を見つめること、否定などせず受け入れて、まだ興味のあるその世界を堪能しに行くことしよう。そんな自分を責めることなど無いように。満足したら離れる、そういうものなんだってこと、自分でたくさん確かめていくのがいいと思うのです。そう言われたから…っていう自分がいるのは、他者の責任にしてしまっているということ。ひとつずつ自分で自分のことを考える練習をしていくのは大切。

2018.12.09 Sun l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
誰かにどう思われるか、それによってようやっと自分がそこに出現する、あるいはそこに(他者の心の中)自分が居ないことに簡単に落胆する、というのではなくて、どういう環境にあっても自分が自分を出現させることが重要なのですよね。自らを存在させるのは己自身。自分が誰かに存在を認めてもらわないとそこに居ないというふうに自分が思い込んでいるのなら、毎日が期待と絶望かもしれない。
番頭さんは誰かにそう言われたから番頭さんになれてるわけじゃない。そう呼んでもらわないと番頭じゃ無くなるっていうわけじゃ無い。そんなことに一喜一憂しない。番頭さんは自らが番頭であると自覚して仕事をし言動することで、自分を番頭にしているのだよ、なんていう話しが本日出ました。もらうものじゃ無くて責任を果たすっていうこととか。どう扱われるかで変わってしまうようなものなら、いちいち落ちたり上がったり、それは仕事自体じゃなくて人間関係重視だねとか。名前もらったら幸せになれるとか人が言うこと聞いてくれるっていうのじゃなくて、実際の自発的な働きがどうかだよねとか。
どうして番頭かっていうと「あさが来た」の再放送を録画して見ていたりするからです。(笑)
ここにいる、自分ひとつ。もっともっと見つめようって。

2018.12.06 Thu l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
全く知らない世界の勉強をしてその世界に入り、過酷な業務の中で修行して、さらに次への一歩を選択し、新しいサロンに勤めて…という怒濤の一年を過ごしたSさんが、先日「一年経ちました」と感慨深げにお話してました。彼女は、それまで何かを続けて何かになったことなど無い自分を半ば責めていたり、自分自身に落ち込んでたり、ひねくれたり、色々あったわけです。30代半ばになって、ようやくようやく自分に積み重ねるということをさせてやることが出来た、そんな一年なのだそうです。変わりゆく自分を生み出したのは他の誰でも開く自分自身、Sさんです。次への目標も見えてきているようでした。物語はまだまだこれから。

2018.11.28 Wed l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
瞑想しても入れないとか、ビジョンがやって来ないとか、そういう話も最近時々相談がありますが、諦めずに練習を重ねていくことが必要です。それと、自分がかちかちになっていて実はストレスフルな毎日を送っているのではないかと考えてみることもあっていいでしょう。メリハリをわざとつけるということを採用してみましょう。緊張と弛緩ということです。交感神経と副交感神経ということ。
なんとなく気忙しいままに流されてずるずるっとした1日の過ごし方が当たり前の場合には、オンとオフをワザとくっきりハッキリさせてみるということです。働くという時と、休むとか癒やすとか遊ぶという時とを意識的に用意してみましょう。

2018.11.25 Sun l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
冬至かあるいは1月にお絵描きワークしようかなと考えています。興味のある方は問い合わせください。

2018.11.25 Sun l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲
ものの世界だけで満ちることが無いと思えるということで、そのことばかり思い考え、何か出来ることは無いかを探しては実行し、という日常を重ねている方々もいます。私がお伝えできることをさせていただきながら、様々なお話しを聴かせてもらって、私自身が大きく学ばせてもらっているのを感じます。例えば、元々から少し常識からはみ出しているとか、社会の中でやり過ぎたことがあるという面を持っているという方の、さらなる次への自分の壊し方というのが面白いです。
あと、整理整頓がここのところテーマになっていて。皆さんから聴かせてもらっている話も、心のあり方についての整理整頓だったりすることが多いです。ひとつの節目の時期ですね。
そう言えば、Oさんは最近のとある日、突然に解雇宣告されたそうです。どう次の新しさに繋げていくのか、気持ちは決まっていながらも具体的な運び方について模索中のようです。自分で起こすか、起こされる側に立つか。


2018.11.21 Wed l 自分との出会い l COM(0) TB(0) l top ▲