勉強して覚えることで先へと進もうとした時、次への移行と体験は遠い存在となります。まず必要なのは呼吸法や瞑想ですが、それ以上に重要になってくるのは「自らの意思」です。
何を求めているのか、何を知りたいのか、何をどのように変えていきたいのか、何が無くて何が欲しいのか、まずは日々自分の欲していることに敏感であれるかどうかも重要でしょう。
欲しがるってことは、さて今の生をどう生きるか、ってことでもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワーク&セッションでの日々の取り組み、報告など気軽に連絡ください。
ワークの報告・連絡用フォーム

2017.08.15 Tue l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
とにかく起きること、会話、それらを観察することに興味を持つこと。ただ聞き流すのではなくて、違和感が自分の心に生じたら見過ごすこと無く、何に違和感を感じていたのかを確かめる調査を行動に移すこと。細かなところに意識を合わせるってことでもあるのだけれど、これは同時に俯瞰するということも重要になるのです。
というような本日のワークでした。

2015.08.18 Tue l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
30日のワークでは、過去の整理整頓、ということをお話しさせていただきました。過去への意味付けを変えていくこともまた、整理整頓です。捨てることもそうですが、そればかりでもありません。経験をしっかりして、学びにしていくということは、成長するってことです。成長への抵抗がある場合は、変わりたくない私が出現します。だからといって問題なわけではありません。その自分に丁寧にアプローチしていくことが、自分を見て、受け入れて、受け止めていくことに繋がります。痛い過去も、同じ。時間がかかるという場合もありますが、どうにもならないままのわけではありません。その意味を変えていくことは、自らの成長と気付きに深く結びついています。

2015.07.01 Wed l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
その神殿への旅はとても重要で、かつ、誰にでも許されたものであって。けれど、その旅の必要性に気が付くかどうか、それは、誰にも保障は無い。気が付いたものは目指すのだろう、そこを。そのためにはたくさんのトリックを見抜く瞳を持つことが重要になる。簡単に結論付けないままに、コマを進めつつ、かつ目的と意志が必要になる。支えとなるものは見えない杖であって、見える地図ではないことも多い。しかし時に、通りすがりの単なる人が大いなる存在の化身としての役割を果たすことも少なくない。
扉を開けるということは、覚悟するということ。私たち一人一人が、自由であるということを。あるいは思い出すということ。

2015.06.09 Tue l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近は、火曜開催のとあるコースで、ヒプノワークが実際は始まっています。基礎の練習の後で問題となり得る部分からを先に取り組んでいる流れです。いわゆる実践編。
感情との出会い方、自分を無視しないということ、するということ、見逃しそうな感情の動きの捉え方、思考と感情の違い、話をするという練習、聴くという練習、その他いろいろです。
今後は、さらに細かく、丁寧になっていきます。が、その前にレベルに入っていく練習も進めていこうと思っています。

今日のテーマは、自分と共にあるか、どうか、ということでしたね。目的と自分が一緒に居るかどうか。隣の火事が常に気になって移動し続ける現象についても。

2015.06.02 Tue l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日のサイキックワークでは、ここ2週間の出来事を話し合う中で気付きとか考察のあり方などについて、からスタート。話すこと、聞くことを、細かく観察するという練習も積み重ねていただいています。
例えば自分の、一緒に居ると楽しいからとか興味あることや気にいった人の話なら真剣に聞けるよ、というのは我々の中の蟹座エネルギーです。真似をして覚えていけるよ、となるとやっぱり蟹座。
自分が話すことを劇的に過剰に盛り上げて興奮しながら話しているjのは獅子座エネルギーです。外に向かわせるエネルギーだから聞くということに重きを置かないでしょう。とは言え周囲の反応が全く気にならないわけではなくて、前に出て理解されることが自信にもつながるという獅子座。
自分がどのような姿勢で他者の話を聞くクセを持っているのかを考察し、そこから12星座(サイン)としてはどうなのかを次に考えてみるのも面白いと思います。
昨日のは、三人の人生がそれぞれの大きな局面を迎えている最中でした。聞いている側もバクバクしてくる内容だけれど、現場で感情に流され続けるのではなく、こういう時にこそよく観察しよう、自分のことも外に見えてしまうものも、感情は莫大な情報を受け取っているはずだから、よく観察しよう、ということが、次へのステップでもあるよね、という話もしました。

2015.05.06 Wed l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日のサイキックワークは、金星と太陽がテーマと思える内容でした。欲望を否定しないということと、自分の欲求がどのようなものなのかを言葉にしてみるとか。わかりやすく言うと、欲しい恋愛の形や理想の男性を語ってみる。欲望について語ってみる。さらには、仕事の開発ということについて、自分の可能性を自らがどのように伸ばして社会に落とし込みたいかということとその実践行動がどうかということについて語ってみる、ということをやっているうちに熱が入ってきてました。
Hさんがヒプノセッションが出来るまでになりたいという欲求を出したので、その方向にコトは傾くのではないでしょうか。最近は私はゆっくりとした時間を作って、セルフヒプノで様々なガイドに出会って授業をしてもらっているところです。ヒプノの中では、表面の自我が知らない知識を様々な講師たちが教えてくれます。なので驚きがいっぱい。忘れないように持って帰ってくるのも練習で上手になります。あとで、内容を検索かけたりなどして確かめてみると、そのまんまのことが書かれていてさらに驚くなんていうことも普通に起きます。皆さんにも起きます。練習次第です。楽しく練習していくと道が開かれます。過去現在未来に渡る自己肯定はとても大切です。

2015.04.21 Tue l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日はサイキックワークだったのですが、それぞれの新しさとの出会いというものが起きていて面白いなと思いました。このクラスは内容も少し変っていきますし、参加者が増えたりしそうですね。
このクラスに参加の皆さんは、自分の無自覚な感情の範囲にまでも責任を持つ、ということを考えながらいていただくといいと思います。へこむの当たり前、ってことでもありますね。表面の自我だけが優先されすぎていることから、移動していくわけなので、時間軸や空間やその他の制限から自由になっていくとはどういうことかを、それぞれの皆さんが今の人生とか自分の価値観、制限を感じてみるところからスタートです。あと半月ちょっと過ぎると春分です。境目だからちょうどいい感じ。
今の時期は、浄化、癒し、許し、夢見、などをキーワードとして日々を歩かれるといいでしょう。もう手放していいものは、肩の力をぬいて指の力をぬいていくと、大きなことをせずともするっと手離せるのかもしれません。問題解決が難しいと感じている方は、縁あるセラピストさんのもとに行きましょう。
その上でのその先にある自分の叶えたい願い、三次元で実現したい願い、ということをどう実現していくかを考えましょう。欲しいと言っても、言ってるだけでは手に入らないもの。どうそれに付随した行動を起こし続けている日常を用意できるか、でもあります。
そのためにもまずは、模索でしょうか。何が欲しいのか、どう使うのか、どう体現しているのか、未来の自分をイメージしてください。具体的にね。

2015.03.03 Tue l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
先日のサイキックワークでは、言葉と音と間を使っての、ある意味ヒプノ状態を起こしながらコトを進めていくという形をとりました。飛び入り参加もあったので、その方の問題と解決というテーマで、様々な観点からのリーディングやカウンセリングのあり方も勉強。
その人が信じ込んでいる世界観の中での幸せがあり、不幸があります。おもにまずは月の時代に何が起きていたかということも重要ポイント。0歳~7歳くらいまでの間です。
HさんもSさんも、このところどうも自分の特徴が出現中。これは個性。自覚することで強みにもしていける。無自覚なままだと知らず弱点にもなるところ。どんどんこれから起きるであろうシフトが楽しみ。

2015.02.06 Fri l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日はサイキックワークで、それぞれの方の可能性が開かれるきっかけとの出会いが起きていたなぁ、と思いました。飛び入り参加でいつもよりお一人多かったわけですが、化学反応は起きるものだなと。
可能性が開かれる瞬間、一見へこむような出来事と一緒にそれは訪れたりします。けれど、「知る」ということを受け入れた時、道が開かれることになります。
例えば、地球のこの地上では老若男女の皆が一緒にお勉強中です。そう考えてみると、他者が自分をわかってくれない、自分がひどい目にあわされてるという視点が本当にはそうではないんじゃないか、ということにも気が付けるかもしれません。お互いが共に懸命に生きて共に迷って共に道が見つからぬ状態であったりもするものです。望まぬ感情の行き違いやお互いを否定し合うようなことがなぜか起きてしまったりしているものです。
これらがひとつずつ解けていくということが、起こせるとしたなら、素敵なことだと思いませんか? 魔法のような魔法じゃない現実的な話です。

2015.01.29 Thu l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
壊しながら進んでいく部分というのもまた、ここ数年続いている空模様。社会にもそれは表れ続けているし、それは例えば新旧体制の間での改革や葛藤などという事や大きな力による隠ぺいというものが通じなくて情報が明らかにされたりとか、ですよね。
今日はサイキックワークの日だったので、そっから感じたことも含めて。

ひとりずつの人生、そして生活の中で考えていくならば、私たち自身がいかにその葛藤も含めて古きを自ら脱ぎ捨て、新しきをどのようにか今に組み込んでいくことを模索しつつ未来を作っていく日々が送れるか…、という感じ。
更にその中で、ここ数カ月は「本当の私、本性の私の欲求」にフォーカスするといいね、という流れの中にあって。
これは無自覚な感情に手をつけていくことを始めていくと、「私」との出会いが起き始めます。潜在感情との出会い、ですね。そのために出来ることはたくさんあって、数々のセラピーやカウンセリングの助けを借りることもいいでしょう。
一番肝心なのは、「本当の私の感情」に出会いたい!という意志、です。
方法なんか知らなくたって、わからなくたって、まずはいいんですね。「自分に出会いたい!」という強い感情や意志が自分の中から生まれ出るってこと、これひとつとってみても、奇跡みたいな凄いことが実は起きてるんだよ!って知っていただくといいなと思います。
内側から生まれ出てきてしまうその感情に、どうぞありがとうを伝えてください。その時、「感情」という存在があなたの許しをようやく得て、時に何千年もかけて凝り固まってきていた想いが新しい展開に向かい始め、溶解していくきっかけがそこに存在することになるでしょう。
あと、1時間少しで水瓶座新月。お茶を飲みつつ思うこと。

2015.01.20 Tue l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
ひとつずつをゆっくりと味わうことは実はとても重要なことだったりします。現場に、その感情に、踏みとどまることで明かせることがあります。瞬間に起きていることは実はもっともっと多いということを知ることになるでしょう。あまりに多くをスルーし過ぎている私たち、を知っていくことになります。意識の世界のことに焦点を当てて、このことを今日お話ししました。
練習は今日の内容でいうところの数字のカウントで行うといいでしょう。キーとなるのはどのような時にどのようなことが自分に起きているかを随時観察できるかどうかという練習です。意識が遠のいていく時もあれば、眠りに落ちていく時もあるでしょう。それがいけないのではなくて、ダメなのだではなくて、その状況にとても詳しくなることの方が重要です。ジャッジではありません、評価ではありません。能力が幸せにしてくれるということでもありません。意志がこの人生を作りゆくということをたくさん実感していきましょう。そのためにも、自らの欲求、感情を無視しないことがポイントです。

明日は占星術初級の日です。お天気が全国的にかなりな冬模様ですが、どうぞ足下に気をつけられて、お越しください。

2014.12.16 Tue l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
自分という存在を自らが許可していくというアファメーションを昨日のサイキックワークでは行いました。最後の方にね。
例えば、この日のアファメーションにも入れさせていただきましたが「ありがとうございます」という言葉のエネルギーはとても素晴らしいです。
意味がわからないから…なんて思う自分がいたとしても、恥ずかしいと思う自分がいたとしても、小さな囁きでもOKです。言葉の生命力に助けてもらうことを受け入れてみましょう。様々な場面で時に堂々と、時に小さな呟きで「ありがとうございます」と自分から発するということをやってみてください。続けていくといろいろなことが変わっていきますよ。
今日一日生きた自分にありがとうございます。周囲の方々にお世話になります、ありがとうございます。言いたいこと言わせてくれてありがとうございます。そこにただ居てくれてありがとうございます。本当に様々なありがとうございます、が存在しているはず。いろいろな自分らしいありがとうございますを生み出してくださいね。
あと、この日にやったことは、望む未来を作っていくために必要なことばかりです。テクニックではなくて、感じる、気が付く、という感情や意識についてでしたね。次回は12月16日(火)です。

2014.12.03 Wed l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日のサイキックワーク、対象にさらに近付く、ということがテーマでもありました。しかし、そこでの問題点として、見えたものをただありのまま伝えるだけでは相談に答えるということにはならないからどうしたものかという具体的な質問も出ました。
これは、相談者の質問をよく聞くこと、が肝心です。言葉で聞く、身体の動きから聞く、オーラから聞く、質問者の表面の自我がまだ意識化していない感情からくるものに、質問を聞く側が敏感になっていくこと、などなど。
この部分の訓練には、まず、自分の問題点を正面から捉えて逃げないことです。どうあろうと人間が起こしていることなので、自分が抱えている感情に良い悪いはありません。責める必要はありません。よって、そこにあるもの、感情、その感情によって引き起こしている言動、それらから目をそらすことなく見つめていくことが、コトを明らかにしていく練習になります。
結局は能力だけを求めてもいつか壁にぶち当たるもの。そういうことを痛切に感じつつ、さらに次のステップの実践へと向かおうとしている昨日の方々でした。私たちは人間と出会って繋がって生きている、一瞬一瞬溢れる感情の生き物ですものね。

2014.11.26 Wed l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
出発点から見れば目標地点に到着している自分は、未来の自分です。その地点に到着したときには、その未来は現在になり、さらに到着地点で次の用事に向かう自分はさらに未来の自分、です。現在は過去になり、未来は現在になっていく。
私たちはいつだって、気が付くことさえできれば、立ち止まることもできる。過去の自分を両手で受け止めて抱きしめることが出来る存在です。またいつだって、未来の自分は今ここに居る自分を受け止めてくれる存在であり、そうあれる自分を生み出し続けていくのは、今ここに居る自分です。そんな話をさせていただきました。
本当は、私はひとりぼっちなんかじゃないんだ!と本日の参加者のお二人が言いました。声をあげて泣いていたよ。
なぜか偶然に時間のある二人がワークをすることになって急きょ開催になり、その流れの中での本日。サーチライトの会なんて名前がついてしまった会がスタートしたようです。単発のはずが、2回目開催に。次回は11月22日(土)の13時~15時です。

2014.11.13 Thu l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は「17・星」のパスワークになりました。それぞれが皆、自分のルーツからの尊さを受け取っていると思います。実感があるにせよ無いにせよ、すでにあるものなのですね。地球という地上に居るからこそ見えない、感じられない世界もある。それは我々が、成長し続けて、かつ何かを手放していくこの先の世界において、今以上にわかる時が訪れるというもののようです。感情溢れる青き地球に居るからこそ、可能なこともある。だからこそ多くの生命は地球での学びを選択していて。それは広大な宇宙からするととっても意味深いことのようです。

2014.11.11 Tue l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
本日初回のサイキックワーク。とどまる、ということと、それを言語化する、ということがキーワードとなりました。これまでに水晶視をして来ている方は水晶持ち込みで。RVをして来ている方はレベルに入って。その中で質問のエネルギーをどう受けとり何を見て答えていくのかということの実践をしました。練習なので、質問する側のエネルギーが占う側が質問にフォーカスしている間に質問者側がどこを向いて心はどうなっているのか、ということも含めて、振り返り観察。
そう、とても細かなことの実践です。
心がどこかに移動する瞬間をつかまえる、その前に移動してしまった自分を見つける、すでに移動し帰れない道を感じる、眠って意識を失ってしまう瞬間前の場所にいる自分を感じることが出来るか、その場に居続けることが出来るか、といったことと関係します。直線的な時間なら失われたままなのだけれど、時間というこれまでの思い込みのワクを解放出来るなら、過去現在未来のどこにだって感情は帰れるはず。もちろんそこに肉体を持ち込もうとすると辻褄が合わなくなります。そしてそれは今ここにある肉体を持つ私を軽視するということでもありません。今ここはとても重要な位置、意志を発揮するところ、です。
人はあまりにも心が移るのが早く、そして無自覚なんですね。人間の特徴、そこを知っていくという練習です。言葉そのものではなく、エネルギーを見て、エネルギーを聞く、という練習でもあります。
本日の参加者の方は、レベルに入るということの練習を重ねてきている方々だったので、そのような内容になりました。
次回は、11月11日(火)、その次は25日(火)の9時半~です。
興味のある方はご連絡ください。参加者の方に合った意識レベルからの練習は可能ですので、この中に一緒に入ってということも可能ですし、新たにクラスを立ち上げることも可能です。

2014.10.28 Tue l サイキックワーク・意識の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲