違う人生を歩く者同士が時に一緒に歩む、という時期がありますよね。そんな二人のセッションが本日でした。ひとりの男と一人の女が、見えない未来をどう編んでいけばいいのかに迷い、時に望まずにいるのに傷つけ合うコトも起きたり、いろいろ。そんな二人の願いで共通するところがやっぱり無いわけでもなくて、頼りない細くてもろい糸のようなものは明らかにそこにあって、けれどそれは見える人と見えない人がいるんだよね。二人ともに見えていない場合もあると思う。そんなときに近くにいる人間のほんの小さなひと言が、その存在を感じられるきっかけになることもあるんだなと、今日思いました。
未来をつむぐって、自信があるから出来ること、なんかじゃないよね。自分の幸せ、一緒にいる人の幸せをどこかで信じてるってことが大切なんだなと思ったのでありました。
激しいだけが愛じゃない。わかりやすいのだけが愛じゃない。そして弱くてもろい私たちに確かに存在するものでもあって。本当に様々なカタチが存在するのだよ、と思うのでした。

2015.01.15 Thu l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は、本当の自分の喜怒哀楽の感情や直感とともに生きていくことを少しずつ許していく流れの中にある、という方々とのご縁の日でした。抑圧とか我慢とか、自らの素直な感情をありのまま感じないとか表現しないということを訓練してきてしまっている場合は、すぐには自分の感情を素直になんて感じられないものです。だから問題ではありません。できないなぁと思いながらも、新しいやり方の練習、積み重ねが重要です。
信じてしまっている世界を変えてゆくのですから、時間はかかるでしょう。かかったとしても、変えることが出来るということに変わりはありません。変わりたいなら変わっていけるのです。まずはその気持ちを一瞬ではなく維持し続けて取り組んでみましょう。気分の善し悪しに振り回されること無く、願う感情、意志を維持できることが肝心です。これも練習だったりします。練習は新しい習慣を作っていくことにもなるので、日々の地道さは宝物です。
もっともっと自分を解放していっていいのだと知ることは、次への大きな一歩になるでしょう。

2014.12.07 Sun l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
本日の占星術の講座終了後のことですが、急きょいらっしゃることになったFさん。そしてその後ご予約頂いていたFさん。このお二人ともが体験している今の状態がある意味似ていました。新しい環境に入っていく、という時の不安と、気持ちの整理と、そして未来への可能性を感じる心、さらに実際の行動をどう起こしていくのかということ、についてのご相談でした。
お二人に共通していたのは、新しいステージが始まるということ。それは実は昔から望んでいたことだったり、ようやくそこに触れることが出来る、という本当に願っていたことだったり。
これまでのことに整理をつけていく時期に入っていて、これは物質的にも精神的にもですね。さらに自分をバージョンアップしていくために、お別れする世界もある、始まっていく世界もある。でも気持ちはしっかりとなぜか目的を向いているね、というところまでが、似ていました。目的とは、より深き自分自身との出会い、です。
今日という日に、この確認をすることにも大きな意味があると思いました。
皆さんも、今日明日少し自分だけの時間を作って、自分の地上での本当の目的について考えたり感じたりしてみるといいでしょう。大切なキーポイントは、「○○したい」という素直な感情であることです。思い付いてしまう数々の条件は、まずは外しましょう。正当化も必要ありません。必要なのは、「私は○○したい」という欲求です。

2014.11.12 Wed l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
今日いらっしゃった女子は、とてもエネルギーが伸びていく時に入っていらっしゃいました。仕事で答えを出していける時期に突入しているんですね。こういう時には欲をかいた方がうまくいきます。そして仕事に熱心に向かっていくと、恋愛もうまくいく流れという。フリーでの仕事が伸びていく時期なので、我慢などせずに挑戦していかれるととっても素敵な出会いにたくさん恵まれることになると思います。詳細はお問い合わせくださればと思いますが、エネルギーワーク&メイクとフェイシャルで本当の美しさを!ということに興味のある方はご連絡くださいな。

2014.11.09 Sun l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
今日はミラクルムーン。「後の十三夜」だったんですってね。171年ぶりだって。
そんな本日は不思議なことですが、「愛の渇望」というテーマで進んだ日でした。夕方までの相談は、愛されるという愛が欲しい、特定の対象を奪いたい、しかし自分に愛を与えてほしいのに自分には受け取る価値がないとも思っている、という内容でした。
さらに夕方からは、愛をいかに受け取り与える人になっていけるか、という課題に取り組んでいるという内容でした。
それぞれの方が「愛の獲得」というテーマで悩み、取り組み、という中にいらっしゃるようでした。
例えば、「特定の愛」を貰えないからいらつく、腹が立つという症状の体験。自分だけを見てほしい、どうして自分じゃダメなんだ!という怒りが消えない、とか。
さらに例えば、「受け取る愛・与える愛」のサイズを変える時に来てしまったからこそ、次なる愛の本質に向かおうと挑戦しているという最中にあるという体験。許し、目前の答えではなく大きな時の流れの中での愛の存在を信じてゆけるかということ。魂のご縁とか地球でのそれぞれの学びとか。求めない愛し方、とかね。
そんな一日でしたよ。
解決のためのキーワードは、例えて言うなら「環境に支配されるということ・されないということ」です。
探しに行きましょう。自己の内面に。この11月、蠍座の季節だからこそ対象への集中力やエネルギーを探求に向かわせるのも、効果的だと思います。ちなみに11月22日の夜には火の星座である射手座の新月です。どっぷり浸かることができるのはそれまで。積極的に活用を心がけるといつもよりも深く掘り起こせるのではないかな、と思います。

2014.11.05 Wed l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
自分の感情に責任を持つ、練習をし始めている人がいます。すでに対人関係などで表れてしまっている自分の言動の、その奥に隠されている本当の感情を自分で探して見つけて、受け入れて、そうしてあらためて言語化していくという挑戦です。
なかなかに簡単ではないこともあるのだと思うのですが、実際練習していく実践の中で少しずつ上手になっていくと思います。
もんどりうって、七転八倒、時には頭痛や吐き気、気持ちの悪いもの、そういう存在も否定せず、あって当たり前なんだとしてやるといいです。良いも悪いもないということを経験しやすくなる。向こう側に渡りをつけやすくなるというか。
慣れてくると具合悪くなってる最中に「キテるー!」と喜んでしまう光景も考えられるわけで。
はい、ある意味変態です。傍から見ればそう見えると思います。(笑)

2014.10.20 Mon l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
本日のセッションでは、ヒプノで問題の原因へと向かうということで。今日のFさんの体験が時間を経過する中でどのように印象が強まっていくか薄まっていくかということを、しばらく観察していただけたらと思います。ひとつ許しが進むと次の物語が始まる、この連続だと思います。どうぞ楽しんで探求し続けてください。
ヒプノセッションご希望の方は申し込みフォームでは現在準備中になっていますので、個別にお問い合わせください。現状としましては、今のところヒプノは他の方のカウンセリングの少ない日で、かつ1日1名様に限らせていただいています。諸事情によりどうぞご了承くださいませ。

2014.09.29 Mon l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
節目を迎えている人が多いですね。今日は獅子座に天体を持っている方がアトリエにいらっしゃいました。ましてやそれが太陽とかだったりするから、出世とか結婚に縁ある一年になるでしょう。数年かけてようやく準備が整って、これからの物語が始まるという感じがしました。
他にも新しい歩き方をし始めようとしている方の話がちらりほらりと入ってきます。今だともう10月には蠍座での日食もありますから、そこから次の半年間の目標設定のための今現在、を過ごしながら準備していくといいのではないかなって思うのです。

2014.09.22 Mon l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
十牛図のリアル4図に出くわしました。とある方の大きな気付きの現場です。気付いたことによって、本人が言うにはこうしたい私ともう1人のそうしたい私が大喧嘩し始めたのだと。そう言って目の前でたとえばこのように…と実際やってのけてくれました。熱入りまくり、見ている方が脅かされるほどに、怒っていたり声を上げたり、言い放ったり。大ぶりなジェスチャー付きです。根負けするかなんかわからない、言い張ってるから、戦うんだ、もう無かったことになっかできないから、あるんだと言い張るんだ!と彼女は言っていました。これは未来の保障など無いけれど熱を感じるひとつの欲求に対して、それを肯定する自分と否定する自分のことなのだそうです。いよいよ次のステップに渡ったね、という感じ。これからが、自分との会話の実践編です。
世間から見ても、周囲の人たちから見ても、受け入れがたいものというのはあります。けれど、自分を手離さず自分の特徴とより一緒に生きていくために自分に近寄っていくためのあれやこれやはやりがいもあると思います。いつか必ず答えが出現する瞬間に出くわすのだから。

2014.09.20 Sat l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
占星術でいうホロスコープ(出生図)は個人の魂の地図だと思うのですが、今ここにいる自我という私の人生の地図でもあります。そこからは時間軸を基準にしたものも見ることが出来ます。それは長期的人生の予定を立てたり、運気の流れを把握しつつ地上を歩くことにとても役に立ちます。外に向かう時か内側に向かう時かといったことも知ることができるので、予定が立てやすくなります。プロの読み手になるならない関係無く、どんな人にも役に立つもののひとつ、大きな時計だと思います。

2014.08.29 Fri l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
今日久しぶりに大阪でラーメン屋をしている男子Sさんがアトリエに来ました。お盆休みを使って東京へ。これから先の未来への準備と決断のためにいらっしゃったようですが、この方本当に言葉が少ない!のです。だから説明不足になる、よって近親者と感情的にぶつかることが起きてしまいやすい。いろいろな思いはあるのに表現が得意じゃなくて、そばにいる人にも誤解を与えることも多いでしょう。あとね、折られることも多かったから、ずい分と臆病になっているんです。今年来年と公私ともに伸びていきますから、これから様々なことに挑戦されるといいでしょう。

2014.08.18 Mon l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
カナダに旅立つ直前にということでSさんがいらっしゃいました。彼女は誘導瞑想で自分と出会うという練習をもう数年続けています。今回のカナダは仕事の最終段階ということでの出張で、ひとつの節目となりそうな気配のようです。そんな彼女、日本で出来ることはしていきたいということで、旅の準備のカウンセリング。目に見えないこと、の様々なチェックと準備ですね。
話していると、彼女の中で起きていることのシンクロが次から次へと飛び出します。何に取り組んでいくのかという次のステージももう見え始めています。ならば、ここから先、この秋からが楽しみですね。まずは気をつけていってらっしゃい!

2014.08.17 Sun l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
言いたいことがやっと言えたと、喧嘩ではありながらもどこかで喜んでいるという女子の方がいました。しかし、よく聞いてみると、その喧嘩の時に相手が本気でキレていたのを見たというのですね。さらにその瞬間はその相手の瞳にしっかりと自分が映っていたと。相手が自分だけを見ている、無視されていないということを実感した瞬間を手に入れたことに興奮しているようでした。喜びさえ感じているのだと彼女は言いました。近寄った気がする…と。感情には奥行きが存在します。この場合も単純に喜んだり悲しんだりするだけではないところから捉えていく練習をしていくことが次への一歩を生み出すでしょう。

ここで、やはり瞑想を続けながら自分自身へと向かう、本性との出会いということを目指している方向けの内容を簡単にひとつ。
感情には層があります。例えば、手前から奥へ、というようにです。ここでひとつポイントがあるのですが、瞑想などの意識のレベルにおいては、浅いとか深いとかいった表現を使うことも多いのですが、これはちょっとした誤解も生まれやすいでしょう。感情の発見においても浅いところとか深いところといった表現をすることがあるからです。
ひとつの出来ごとの中にあった感情を掘り下げていく時、上から下へ向かう探し方ではなく、手前から奥へとイメージして探してみると違っているものが思い出せたり見えてきたりすることに気が付きます。そのひとつの風景に存在する様々な自分の感情、なぜその感情が繰り返されてしまうのか、何を求めて自分はそれを行為し発言してしまい、身体はなぜそう動くのか…などといったことの原因となる感情の糸口と出会えるきっかけが増えるでしょう。
本音には段階があります、ひとつの理由や感情を見つけたということが結果であり完了ではないということです。私たちは、表層の自分にも秘密にしていたりわざと誤解させているものがあるのですね。自分が自分を探せるような意識になるごとにさらに奥の感情が呼んでいるのがわかるようにもなっていくでしょう。深く掘り下げるということは、手前から奥へ、ということなのだということ、もしかしたらこれひとつで新しい発見があるかもしれませんよね。これもsana がずっと研究し続けている「ライフシンボルの9分割理論」からわかることです。人は経験の生き物だということも関係します。
体験談は遠慮なくお送りください。わからないけれどもっとよく知りたいという方は、個別セッションにて。

2014.08.11 Mon l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
金曜日にお会いした女子。能力が高いのに自信が無い、という現実を作ってしまっているのですが、ここで誤解してしまっているという点が最大なる原因であったという場合があります。誤解とは、自分をより親しみやすい存在にするためにやっていること、言動が、実は本性にあっていないために自分自身を下げてしまうことに繋がっていた、というものです。
この場合、自分の居場所(精神的な)を間違えていたことにさえ気が付けば、あとはOK。です。この素敵女子の方も、ほんのちょっと方向転換するだけでずいぶん変わってしまう未来が見えました。玉ねぎの皮が三枚くらい向けてく感じ。すると数年後は別のキャラになっているんですね、これが。それは「自信」がある日常を自分に歩ませ続けるかどうかで違います。行くべき所に行くと、評価も違います。私は、数年後の彼女に公私ともに女性としてのどっしりと構えた安定感を見ていたので、そんな未来が用意されていますよというお知らせです。今好きな分野のことを学ぶことで、学ぶ中で、実践していくことの中で、玉ねぎの皮三枚くらいは向けていきます。楽しみです。

2014.08.09 Sat l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
全てには理由があるものです。本当に悩んでいるなら明かしたいなら、持続するはず。さらに何かほんの些細なことに気が付いた、発見したということが起きたなら、それはご本人にとってとても重要なものなのでとても大切に持ち帰られることでしょう。忘れる、軽んじる、ことが起きるわけがありません。もし、心がほかの案件に簡単に移り変わってしまうなら、傷が深くて強力なブロックがある場合と、本当には解決したいと思っていない場合があるでしょう。
人と本当に心から出会いたいと願っているのなら、些細な心の動きに敏感なはずです。気になるからこそそれを知りたいと思う、のです。別のところに興味があるなら違うところを見ているはずです。違うことをして満足しようとしているとか。
今日のOさんの場合は、今ご本人が思っている恋愛感情の、その目的や欲求、感情が、過去の親子関係の雛型から来ているのではないかということ、その可能性を受け入れてみるという話になりました。ということで夏休みの宿題を出しました。(笑)

2014.07.28 Mon l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
今日ご縁のあった方々に共通していたのは、「自分らしさを受け入れる」ということに直面し始めている、ということです。自分が思い込んでいる「自分」というものに知らず自分以外のものをセットしてしまっていて、自分だと思い込んでいる場合があります。一番身近なことでは、両親の思考パターンや感情を食べてしまって、そのまま自分のものとしてしまっているという場合があります。これはお返ししていくということをするのですが、やはり最初は現状把握のためにも、専門のカウンセラーやセラピストにサポートをお願いするのがいいでしょう。
今日いらっしゃった方々は、「本当の自分らしさ」を取り戻していくことで、願いは叶っていくという流れの中にある状態でいらっしゃいました。内側にそっと気持ちを向けて、自分自身とお喋りすることで、ずい分と今現在難しいと思っていることがやわらかく解け始めると思います。信じて、欲しがって、キラキラしていきましょう。本日の方は出生の太陽やM.Cに木星が乗っていくこの一年間の流れ。
きっと素敵なことが待っているはず。

2014.07.21 Mon l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
自分の言葉を音にすることはとても大切。日ごろから自分の些細な感情の変動に興味がある人は、瞬間瞬間動き続けてゆく感情を自覚することが喜びかもしれません。慣れていない人は、自分の喜怒哀楽に飲み込まれる方が当たり前になっている場合もあるでしょう。今自分は何感じてんのか、って思いを向ける静かな1人の時間を少しでも持つようにしていくといいでしょう。忙しすぎちゃうと時間に流されることが当たり前になっちゃうから、自分が置き去りになりやすいものです。ちゃぁんと怒ったり悲しんだり、喜んだり夢見たり、楽しんだり、忙しい社会から見れば一見無駄なこと、無駄な時間だと思えるようなことをわざと拾ってみる、そういうの実はとっても大切です。
いろんなこと語ってくれた自分に、ありがとうを伝えましょう。

2014.07.14 Mon l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
自分自身との約束を果たすということがあるのだと思いました。
本日いらっしゃったKさんの場合です。
生きにくいという心理的体感と実際の現象は、否定的に見ることでは実はありません。あくまでもどこまでも、ご自身の特徴であり、この地球を生きる上においてご自身が魂の段階で選ばれた必要な要素、個性です。特徴をよく知ることで、その作用に影響されすぎることから離れることも可能です。また、その特徴が実は自分の最大なる武器ともなり得ることを徐々に知っていくことになるでしょう。
しかし、まずはまずは、ダンスを踊りましょう。最初にアトリエに入ってこられた瞬間から私が一番にお伝えしたかったこと、です。身体を、五感をすべて使って、あの楽園のエネルギーと繋がりましょう。やがてそうして偉大なる見えない海へとゆっくり静かに入っていき、さらに遠くへと深くへと泳ぎだしましょう。自分自身の中から溢れる感覚をまずは信じてください。バージョンアップはやがて自然に訪れます。
いよいよこれからが人生の本当の意味でのスタートですね。おめでとうございます。

2014.06.18 Wed l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
太陽の場所と月の場所、それは公私という言い方も出来ますし、社会生活と私生活という言い方にもできるでしょう。
例えば本日のSさんの場合です。自分の居場所ということを模索した時に、たどり着くところが、目に見えない場所ということもあります。居場所が目に見えないってどういうことでしょう? それは形にあらずということ。心の充足感を感じられる場所へ帰るということ、そこだからこそ深く大きいチャージが出来る、活動力と安心感の源。それは実は無いのではなく、遠くにあるわけでもなく、また目の前にあるわけでもない、のですよね。
Sさんは占星術を勉強されていますから、もうわかっているのです。しかし、手触りや目前の現実に反映されるものをもって証明したいという衝動には駆られるでしょう。私たちは感情ある生き物ですから。
その大きな葛藤が作品作りへと展開されゆき地上に降ろされることにもなるはずです。表面の自我は柔らかさを時に欲しがる、しかし、自らのエンジンがかかる状態はその柔らかさの中には無い。戦い求め続けていく中で、きっとその時その時に現れる縁ある人の中に「通り過ぎゆく存在として役割を果たす」ということが出現することを信じましょう。形にあらず、実感こそが真実のホーム、ということも起こりうるのです。

2014.06.15 Sun l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
お問い合わせをいただきました。なのでこちらで先にご連絡です。
電話カウンセリングについてです。一度対面したことのある方には電話カウンセリングも用意させていただいています。遠方であったり緊急であったりということもあるので。
それで、対応可能な時間ですが、カウンセリング予約状況から可能な日と時間をお選びいただくか、あるいは個別にお問い合わせください。
今日の場合は、週末や夜間にお願いできないか?ということでしたので、スケジュールが空いている場合可能な時もありますので、それはその都度問い合わせいただいた時点で返信させていただいています。
ということで、本日ご連絡いただいたSさん、お問い合わせありがとうございます。近々空き状況を返信でお送りしますので、しばらくお待ちくださいませ。

2014.06.06 Fri l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲
人生には、花のオーラが似合う季節ってあるんですよね。そういうシーズンに入り始めたHさんと久しぶりにお会いしました。会ってすぐにそれを見てしまった私はドキドキ。ご本人の現状をお話している言葉とはまるで違うので、まだ無自覚な中にいらっしゃる状態でしたが、薔薇の花のオーラの上品さと気高さと柔らかさが部屋の中にこぼれてくる感じがなかなかに美しかったです。
これはそう遠くない近未来を表している部分です。出来事に反映されるでしょう。
すべてはご本人のこれまでのたくさんの積み重ねと信念の結果ですから、ようやくようやく訪れる実りの時期です。

2014.06.03 Tue l カウンセリングの現場から l COM(0) TB(0) l top ▲