FC2ブログ
直接会ったことがないということで、いったいどんな人がどんな仕事して普段どうしているのかな?、あるいはあいつはちゃんと生きているのか? なんてこともあったりなかったりするらしく、日常の断片を今回はnoteに書いてます。サッと通り過ぎていただければと思います。
今日で6月が終わります。2020年の半分。
明日から7月。そう言えば火星が28日に本来のサイン(星座)に入って帰って来ました。9月に29度まで進んでから逆行になり、11月に順行。年内27度まで進むということで、お里に帰ってさらに長期滞在の元気でパワフルな火星のようです。さて、ここはどのように意識して行動及び挑戦していきますか?



こちらにも色々書いて置いています。
【note】https://note.com/prizmlife
しばらくつぶやくでしょう。
【Twitter】https://twitter.com/SanaeMizuno



2020.06.30 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
明日使用するイラストを使ったカードを今日は制作中でした。
夏至になって、日食が過ぎて、一瞬気を失って。さて日常が始まっていくという中で、自分の本当に向いたいところとか、欲しいと思っているものとか、知りたいと願っていることなど、それを時々思い出しながら歩いていくことができるかどうかってことがこれからの日々。願いって、一瞬欲しいっていう感情になるということではなくて、それを手に入れた私が日々を歩き続けて次へとさらに向っていくことを当たり前にしていくかどうかってこと。一瞬の欲求ではなくて、日々の積み重ねの中で練られていくものもあるので、自己確認しながら進んでいこう、ということです。これを読んでくれている皆さんは、何を願う今なのかな? それは実現しますよ、やがて。


こちらにも色々書き始めています。
【note】https://note.com/prizmlife
今しばらくやるであろう呟きです。
【Twitter】https://twitter.com/SanaeMizuno


2020.06.24 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は朝からいつもより忙しかったので、ハッと気が付くと夕方で。気分を切り替えるためにも近所にお出かけしてお茶をいただきに行きました。初めてのお店で自然農法のお煎茶を。そして私の日々の活動である毎日会議を。ふり返り、考え、課題を出し、さてどうするかと考える、という時間です。発見が必ずあるので、考えようとする姿勢をとることがまず重要だと思っています。そのとある型をとると必ずそれは始まり必ず気付きや発見がやって来るということになります。
これも特別なことでは無くて、トレーニングで技術を身につけていくということなので、練習です。



2020.06.14 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
準備することがいくつか。
少し北の方にお住まいの方からは瞑想をする何かをリモートでしてくださいと言われて考え中。何の瞑想にする?
遠隔でメールワークを継続している方には、誘導瞑想の音声をお届けせねばと、どういう形や内容がいいか試行錯誤中。
ご希望をいただいて、遠隔のワークの内容も増やそうと思って急ぎで考え中。
誘導文をどういう形でか使いたい人に使ってもらえるようにしようとは思っていていろいろなカタチを考え中。



2020.06.05 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
毎日のことですが会議の時間を持つことにしています。ひとり会議です。内容によっては時々助手のYが入ることもありますが。基本考える時間を持つことで、問題をわざと発見して取り組む、ということを自分にさせたりします。そこで発見した考えや行動を実際にやってみるということになります。けっこうこれが忙しいです。



2020.06.01 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
思わぬ時にひとつの出会いがありました。気を抜いている時に出会いますね。そういう時だからびっくりします。例えば、机を拭く姿とか、拭いた後のテーブルにそれは輝いていて。周囲で物が動いた時の気配の察し方とか。普段からのその場所というところの揃え方とか。決め事もハッキリされているのでしょう。場全体がとても綺麗にさっぱりとしていました。自分の仕事に集中して専念していらっしゃる方から溢れ出る仕事能力に圧倒されて、自分自身のこと振り返るべし、と思いました。精進あるのみです。出会いに感謝。


2020.05.27 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
整理整頓していて見つけた過去作品のポストカードや写真たち。記録としてもblogかどこかに掲載しようと思います。こまごまと作業開始。【 ということで note に少しずつアップしていきます。 Prizm Life こちらから 】
本日は気が付けば、双子座の新月ですね。本日太陽回帰の方から意気揚々と連絡がありました。サビアンシンボルは双子座3度「テュレリー庭園」です。話題は、ライフスタイルの新しい構築とか、時間の使い方とか、効果的な文章の組み立て方について等。それはもうそのままこのシンボルの特徴ですね。
その方は出生図の太陽(目的・人生を創造するクリエイティブな力などを意味し、誰もが開発を必要とするもの)を思い切り使ってきていないという自覚があって。(この場合、夫に投影するというのも少なくない) これからその方面に向けてエンジンかけていくらしい。
本日何かにハッとした方、おはようございます。なんだか目覚めたような、動き出したくてウズウズするような感じがする人もいたかも。さぁ、ちょっと動き出すぞ、みたいな流れが始まりました。
これから約一ヶ月そういうシーズンですから、わざと双子座を知ろう、身につけようとしていくといいでしょう。生まれたときの図であるホロスコープの双子座に天体がなくても関係無いです。12星座(サイン)は外にあるものとして見るのではなくて、自分の内側、自分の中に本来揃えているものなのだと捉えるようにしていくと本来の占星術の持つ意味に近寄りやすくなります。意識していなかった未開発の部分はどんどん開発可能ということです。
ああ、もう、あなたも私も可能性だらけだ!

Twitterはこちら

2020.05.23 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
とてもしばらくぶりにカットし行って、久しぶりに店長の顔を見ました。より元気そうな感じもあって。今はいろいろ遠隔になってきてますねーって話を振られつつ。新しい方を当たり前にしていいくのがいいですよね、まだまだ模索や研究が必要でありつつも、挑戦してやってみたらOKな感じだったという方々もたくさんいらっしゃるのを聞きますね、と話していました。
今日は「じゃ、今回は後頭部生え際はソフト刈上げで」と店長は言いいまして、すぐに職人さんの顔になりました。これからの梅雨の時期に、まとまりにくい天然ゆえのうねりとの付き合い方ですね。
この人に会うまでは、縮毛矯正しても難しい髪の毛だ、言うこと聞かない、大変、っていう言葉をたくさん聞いてきた(確かになかなかの髪質でした)のだけれど、店長は最初から大丈夫、できますよ、工夫しましょう、どういうのが好きですか?言ってみてください、っていう対応なのでした。
段々と白いものが増えつつあるとある時に染めるのもやめて、グレイヘアっていうのを選択。ここ数年で段々と短くしてきて今はショート。お気に入りです。



2020.05.21 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
忘れて長い時間が結構経ったような気がするものを思い出すきっかけがありました。それでそこから様々なことをさらに思い出したりして。ずうっと前には難しすぎて置いていたものも、これからなら少し違った感じで準備していくことも出来るのかもしれないなと思ったのでした。そうして準備するものの数がまた増えるのです。


2020.05.19 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
自分に起きていたことを説明しようとするときに感情から遠い言葉を使う事ってなかなかに多いものです。話しながら「ん?」って何かどこか違うのだけどわからない、なんだろ?ってなる人と出会った時には、ほんの少し整理できるようにいくつかのキーワードを置きます。すると、ご本人の中で途端に状況と説明と感情が噛み合うっていうことが起き始めたりします。滞っていた水が急に流れ始めるみたいに。
とある方は「落胆」「がっかり」だと思って話していたことが、実は「ショック」「逃げ出したい」「無かったことにしたいから無視したい」ということだったという発見をしたことで、体験の中での自分の身体の動きと選んだ言葉がようやくかみ合い始めたようでした。腑に落ちる、納得する、ということが自分に起きます。そういう発見も、ながく沈み込んでいた自己否定が解放されてゆくことに繋がっています。
自分の中にあるものを言葉にしていくということも、瞑想する時間を持つことで育てていくことが可能です。


2020.05.11 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近練習しています。例えば、書くということ。その中で考え付くことがあります。それは次の行動へと繋がっています。例えば、この書くということを続けていないと、思いつくというその瞬間には出会えていないでしょう。だから続けます。もっとさらに出会いが起こせるように。意識を向け続けます。
そういうやり方もあるよということです。参考になる方もいるのかも。


2020.05.08 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
簡単に言うと、私は旅人系です。一カ所に安住するということを行わなかった父と母の子です。移動し続けているということ(ものの世界でのこと・ものじゃない世界でのこと)の意味をずうっと考えながら来ました。兄弟姉妹や家族や親戚という存在と縁が無いっていうことの意味も探していた30代までのことも思い出します。日常の中に地上的な意味を求めていた時代の自分には見つからないものがありました。
とある時代に、段階的にハッとさせられる事が続き、自分で自分の中から思い付く考え方や存在の仕方にショックを受けるみたいな感じでその中でバラバラのピースが繋がって、実感とセットで様々なことを思う(思い出す)という感覚になっていきました。それはそれまでの自分の感情をまるで裏切っていくような感じさえあるのですが、それも当たり前に思えてしまうようになります。
全ては地上的ではない存在のあり方と、そのご縁のおかげです。そういったシフトは小さくだったり大きくだったりしながら時折続いていて、よりもっとどのようにするかということへと続いています。
さて、日常という目の前では5月が始まります。


2020.04.30 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
わりと規則的に一日のスケジュールがあって、それをひとつずつ。以前より早い時間に起きて、支度して午前と午後の活動を開始する。社会的に見えているもの聞こえてくるものはそこそこにして、自分で考える時間を持とうとする。自分で考えようとすることで浮かんできたあれやこれやを採用してみて、実際に何かを動かしてみたりする。ほんのちっちゃなことからもね。


2020.04.28 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
たとえ1分でもいいと思うのです。その時間をただ集中して自分の中心だろうところに意識を向けて呼吸をするっていうやり方をやってみるとか。その際ただやるのではなく、イメージを描くことをオススメします。自分から出て行くものがある、入ってくるものがある、その風景を見ている自分がいる状態をイメージしていく感じで。よく聞かれることですが、実際にちゃんと中心に意識が向いていなくても、中心がずれていても、まずは大丈夫なのです。最初はなんだかよくわからないけど…というところからのスタートで問題無いのです。実際にやってみるということが重要です。
ここで大切なのは、自分の方を向こうとする自分の意識っていうのを、自分に用意しようって思える自分を生み出そう、作り出してみようってことです。それがこれまでの習慣に無いなら、これ自体が最初は練習です。ひとつところへ意識が集まらずにすぐどこかへ行く、分散してしまう、というのも当たり前のことだと思いましょう。出来ない、なんて落ち込まないように。落ち込む必要なんて無いのです。端から自ら意識を立ててこれをやろうと思ってやっていたわけではなく、外に見て外に聞いて採用してその練習からをやってみる、というところからのスタートならなおさらのこと。自分の意思で何かをやろうって思い付いて実際行動を起こして、それを続けるとか観察し続けていくっていうことが身についていくかどうかです。
練習を忘れて、それを目指さしていた自分をも忘れて、なんだっけ? なんかすることあったような気がすれけど…わからないから、まいっか…なんていう流れになることもあるかもしれませんが、それもまた自由なので問題はありません。望む人はわからないながらも練習を重ねていきましょう。失敗だって思えるようなことがあっても、それがこれからの練習を阻むことになるかどうか、自分自身の意思が試されているということでしょう。


2020.04.19 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
毎日ここのところ机に向かうことが増えたので、数日前の天気のいい日に「今日は散歩だ!」と言ってしばらくぶりにたくさん歩きました。もともと痛めている股関節や膝は時々突然に瞬間痛い時があるのですが、ゆっくりと歩いて太陽と風を浴びてきました。つい先日のこと。人の少ない時間に電車に乗って、人の少ない風通しの良いところを歩きます。
もう会わないだろうなぁという人のお誕生日でした。思い出したので、見上げた青い空の向こうの遠い空に向かって、ぽーいってご挨拶を投げました。見渡すと緑はいきいき、花はきらきらしていて虫も元気に飛んでいます。ゆっくり呼吸していると筋肉の緊張がゆっくりほぐれていく感じがしました。自分が広がっていきます。街に入ると、街仕様になります。


2020.04.16 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
明日のZoomでのワークで使う準備。ホワイトボードを使っていろいろ書いていてスペースが少し余っていたので、最近流行っていると言われているものをハッと思い出し、お絵描き。おまけです

2020ama

書いたものを撮って、明日のホスト役の人にこの絵も一緒に送りました。

追記 この絵の写メを撮らせていただきました、というメールが届きました。ご連絡ありがとうございます。

2020.04.09 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ひとつ説明が不足しておりました。ということに気が付きましたので、ご案内です。
この度描かせていただいていた世界初手描きによる4K HDRアニメ「Sol Levante」のタイトルロゴですが、これは監督が制作の最後の最後に、もうほぼ出来上がってしまっている作品に、どうしても新たにタイトルロゴを描いてもらえないか、と昨年の12月に口説かれまして。作品のコンセプトなどの資料をそこから拝見させていただくことになり、結局引き受けさせていただくことになった、という経緯が存在しています。
私がタイトルロゴを納品させていただいたのは12月半ば。2020年になって最後の仕上げが進み3月に完成して出来上がったものですので、メイキングの最中に出てくる絵の質感も数段違っていますから、ぜひ多くの方に本編を観ていただけるといいなと思います。監督による4分間の世界へのチャレンジは、Netflixの世界190ヵ国の会員の方のみが視聴できる状態の作品であり、その作品の中に私の描いたロゴは存在していますので、視聴環境に無い方には大変申し訳ないのでがご覧いただくことが出来ないのが現在の状況です。
YouTubeを視聴された方からの感想とか質問を今日いただいてみて、おおっ、そうか!と気が付きました。メイキングに出ているタイトルロゴは私が描いたものではありません。本編のアニメ作品の中にのみ登場しています。

2019年9月にアップされていた Sol Levante メイキングはこちらです。こちらのメイキング動画発表の後日に、齋藤監督からロゴ制作の依頼が突然やって来たのです。

近いうちに、ロゴ入りのイベントグッズの写真を掲載させていただこうと思っています。
(デバイス用であり本編のロゴとも少し違っています)
しかしその、私の描いたというロゴを楽しみにしてくださっている方がいる!という事実に有り難い思いでいっぱいです。ありがとうございます。なぜにタイトルロゴが誕生したのか、途中段階での様々なエピソードもまたご紹介できたらと思います。


2020.04.07 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
4月2日(木)16時より、Netflixにて『Sol Levante』」が世界190カ国で配信されました。延びていましたがいよいよです。
約4分の作品になりますが、これは世界初の4K HDR手描きのアニメーションを日本から発信するというプロジェクトによって生まれた、齋藤 瑛監督による作品です。Production I.GとNetflixによる共作である、 『Sol Levante』は、Netflixオリジナルアニメ。
辿り着いた者の望みを叶えるという「聖地」を探し、ソワフとオブリヴィオンは遺跡を暴きながら旅を続けていたが、ある時「遺跡の守護者」と「聖地の四大精霊」の怒りに触れてしまい、二人は次第に追い詰められて行くが…というお話です。

ハリウッドの作品を制作している方々が音響や作曲、グレーディングなどされていて、私は今回作家としての仕事をさせていただき、『Sol Levante』のメインタイトルデザインを担当しました。タイトルは手描きの書です。後半に出てきます。
視聴環境にある方は、よろしかったらご覧ください。
公開が、この現在の空模様の下でなのか…、と思います。


2020.04.03 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
非加熱の蜂蜜を昨年に出会ってから食べていますが、これが今の私のお気に入り。喉の保護にも。幼少期に小児喘息だったのですが、その頃から喘息治療の補助的食品としてよく蜂蜜が使われていました。その頃にはキッチンに専門店で買う一升瓶の蜂蜜が常にありました。今も気に入った蜂蜜は常備しています。


2020.03.26 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近使っていた伏見のきつねさんのお酒が終わった。料理酒としても使うけれど、食事の時には盃に注いでテーブルの端に置いたりする。数年前のとある時にぐるぐるっととぐろを巻いていながら人の顔がある神様が夢に出てきたことがあって、その時にお酒を部屋に香らせたくなって、それ以来思う時にそうしている。銘柄は決めてなくて時々に出会うお酒に。さて新しいお酒の香り。
気が付けば、20日お昼過ぎて少しすると春分です。一年の始まり。


2020.03.20 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨年の12月から、とあることに参加させていただいていた仕事ですが、20日過ぎに予定されていた日程が2回ほどずれ込んで遅れています。一般的な公開は4月頭になったと連絡をいただきました。情報またお知らせします。
この制作を機会に、次に何が出来るか、作れるかを考えています。


2020.03.17 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
どのような日々を、内容を現実化していこうとしているのか、自分が信じ込んでいるものを見ようとしてみると発見できるものもあるかもしれない。当たり前にあると信じ込んでしまっているものの中にも、もうそうではなくていいものもあるかもしれない。無いと信じこんでしまっていたものが、出現するということも起こしうるということ。
失敗なんて何度あったって大丈夫。しみじみそう思えた時から以降、失敗って起きなくなったりする。
ここから先のイメージを描こう。整ってなんかなくていい、落書きでいい。行動計画表みたいなものが必要なわけじゃないから、力を抜いて、充実感を体験している自分をイメージの中に発見しよう。


2020.03.06 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
毎年のこの時期の大きな作業を終わらせました。初めてのやり方にどうなることかと思いましたが、やってみると自分には向いているタイプのものだということがわかったので、学びながら面白く作業しました。準備したものが手を離れると、はふーって気が抜けまして。次のことに向かいやすくなりました。また新たなひとつずつを小さく行動…の予定です。


2020.03.02 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
これまでとこれからのその境目で、様々な整理整頓は進んでく。上昇と下降という、ものの見方ひとつを聴くことで脳内の映像が変わってしまう。とある方向性のことや、ものの考え方になぜ自分が興味を持てなかったのかの理由までがセットでやってくる。なぜ興味を持つのかということも同時に。道に迷っていたとある部分が道を見つけたかのように。
例えば今、目の前にある混沌も、節目とか境目にすることもできるだろうと。自分の意思をどのように発揮するのかしないのかによってたくさんのことは違ってくる。



2020.03.01 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
現在試行錯誤しながら準備中なのはこちら。Twitter、簡単なHP、内容を分けた形としての新しいblog、などです。これまでのものを整理整頓をしたい、ということと、いろいろあって考えてみるタイミングかなと。それはとてもゆっくりの速度での準備です。
現在は事務処理メインに。


2020.02.22 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
とある形で参加させていただくこととなった仕事の件。数日前に最終調整が終了し、次の段階へと移ったそうです。私はまだ見ていないのですが、3月半ば以降にはこちらのブログでもお知らせ可能になるかと。


2020.02.20 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
毎年の作業の件ですが、今回初めてクラウドにしてみたりしています。素人ですしまだ使い始めなのでよくわかっていませんが、それでも使いやすい。

2020.02.07 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2020年の1月1日、今年88歳になる母から一枚のはがきが届いていました。干支が印刷された年賀はがきに、宛名部分はどなたかに書いてもらったようです。直筆で「元気でね」というひと言と姓名が大きく書かれていました。きっとお世話してくれている方が書きましょうって声をかけてくれたのだと思います。それは初めての母からの手紙でした。


2020.01.16 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
いろいろが徐々に落ち着きつつ。いろいろなことにフォーカスして考えることに時間を使い、やるはずだった日常的な作業の方は進まずですが、それはまぁいいか、と。それより肝心なことについて集中していました。理解はほんの少しずつ。



2020.01.04 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2020年になりましたが私は通常の日常です。それでもいつもより少し時間があるので、やりたくて出来ていなかったことなどに手を付けていこうと思います。

2020.01.01 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲