もうすでに会った方々から「おーっ!」と様々な感想をいただいておりますが。そうです、今回はショートカットにしてしまったんですね。伸ばしたままのロングだったので60㎝くらいかな、切りました。今回は、生え際はバリカン使用っていうくらいの感じで。染めない、クセが出てもいいからストレートかけない、カットのみ、というオーダーでお願いしました。20年以上ぶりです。

しばらくぶりの北陸からのCさんからのメールにも「新しいステージに向けて、一歩です」とありました。どうぞ身体を大切に次への一歩元気に踏み出してください。


2018.05.17 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
思い付いたら即行動。予約はしてなかったのですが店長に聞いたらOKだったので、いつもの美容室へ30分後に。ずいぶんと久しぶりにかなり軽くしてきました。これまで何度も死にかけては復活してるっていうのがあるよーっていうことを初めて話す流れになり。今やってる仕事をさらに進めていくよーって言うことになったりして、自分の意思確認をしてました。
さて、最近、再就職ネタの話しが結構多いです。次へのステップが始まるよ、という話ってことですが。多いのは、これまでの自分をさらに育成していく方向性にある話です。いいですね、その緊張感。やがていつかはさらに大きくなって、自分の力をもっと試したい、という気持ちなのだそうです。未来イメージをしっかり描いていきましょう。
あ、そう言えば明日の夜遅くかな、牡羊座の天王星はいよいよ牡牛座へ。

2018.05.14 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
そもそもすでに描いているものが人にはあって、それは無自覚にもう強く信じ込んでいることであることも。人はそれぞれ何かをすでに信じ込んでいる。だからこそすでにいったい自分の場合には何を信じ込んでいるのか、調べてやろうとする意思を持つことでそこに到着する旅を用意することが可能になる。いつだってスタートとゴールはセット。求めるものとやって来るものはセット。濃いほどに濃くなる。


2018.05.11 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
まずは、考えたままじゃなく、実際にそれを手に入れに行こう。
積極的に動き出して、実際体験して、様々を思い、経験を増やして、やがてそれから離れて次へと向かうときが来る。
脳内で本当に欲しいのか、何が正しいのか、そんなことを考え続けているうちに、それが何年にもなるならそれほどに、より動けなくなっていくのが人なんだよね、と思います。
動き出すのが一番。経験して実感するのが一番。失敗のように見えるもの、というのはあるけれど、本当の失敗なんて、人生には無いです。すべてが次へと繋がっていく、学びとなっていくものなのだと思います。


2018.05.07 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
「○○になりたい」という目標があったとして、どうもそれがなかなか近付かない気がする、取り組んでいるという実感がない、向いて内のに大丈夫なんだろうかと不安になる、という症状が起きるという方がいて、疲労も重なって困って居る様子でした。
目標を掲げて達成へと向かうという形のワンセットを実践していくにあたって、まずは細かくイメージを描くというところから考えて準備していきましょう、という話を今日はしていました。
例えば、自転車が欲しい、という場合にはただ「自転車欲しい」とか「自転車手に入れるぞ」というのではなくて、ここにどれだけのイメージを描いて持っているかという点がポイントになります。具体的だったり色濃い方が手に入るのが早くなったりします。色彩や欲しい自転車のデザインや型、サイズ、アクセサリ、それに自分はどんな日にどんな服装でどこに向かって走るのか…というようなことを想像しましょう。そんな話をしていました。
描くほど、自分にとってそれが手に入ることが当たり前に思えてくる瞬間があります。例えば、目標や目的が自分の遠くにあるものではなくて、自分と共にあるのが当たり前だと思い込んでしまっている自分を時に発見することもあります。そんな自分自身にきっと驚くでしょう。
達成していくことが自分の充実感に繋がっていく、そんな日々を過ごすことも大切な体験だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワーク&セッションでの日々の取り組み、報告などは気軽にこちらから。
ワークの報告・連絡用フォーム

2018.05.04 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
「これまで」と「これから」が大きく違っていく境目に来ているんだなって、そう感じてる人は多くて。そしてそれは本当にそうなのだと思います。もう変わっていってしまう、そういう時に来てる。
他者の個人的な動きや社会での流れ、環境の動きというものを気にしすぎる状態で、それ見ながらじゃぁ自分の次の行動をどうしようかな、なんて考えてる場合じゃないです。自分の方を向くことをもっともっと意識しましょう。自分に本当に足りないものに気がついていますか? それが満ちていない状態のままなら今ここから移動することを拒むでしょう。変化していくことを受け入れられないのです。
それが悪いわけではありませんから、そんな自分がいたのだとしたら、わかった時点でその自分を受け入れましょう。責めたりしないことです。落胆しないことです。今取り組んでいこうとしている自分という存在は、誰よりも世界で一番これまでの蓄積によって存在している自分自身の味方であって、いかなる状態であっても自分の敵ではありません。
もし責めたりがっかりしてさげすんでしまう自分がいるって気がついた場合には、その感情の理解や解放が必要ですから、自分にはワークが必要なんだなと理解しましょう。様々な心の専門家の人に手伝ってもらう必要があります。
過去や人や何かに縛られたまま不自由なのが人生じゃなくて、人生は自分が生み出していくもの、作っていくものです。

2018.04.27 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
朝7時には動き出して電車を乗り継いでの散歩へ。小一時間ほど歩いてから、とあるカフェでの8時のモーニング。まだ人が少なくて静かなので、眺めのいい広いカウンターでいろいろ考える。メモをする。

egg

このプレートのメインはチーズオムレツ、サラダ添え、カリカリに焼かれたパン付、マグカップでの飲み物とのセットで。


2018.04.25 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
私たちは、自分に何らかの制限をかけてるのが当たり前になっていたりします。時にそれはあまりにも無自覚に、です。私たちは無自覚なそのすでに信じ込んでしまっているものに日々左右されています。幼少期からのことや、前世からのことが残っていて、その不自由さを自分の持ちものだと信じて、生きにくさをどうしようもないものとして知らず諦めてしまっている場合もあります。
本当には、あらゆることから離れていくことは可能です。自分を育てていく過程が必要になるので、時間はかかることになりますが、諦めずに日々様々な練習をしていくことが一番の達成への近道です。
私たちは、自分が知らない様々なことをあえて体験していき、そこから自由になることが重要なようです。知らなかったことを知って、体験して、やがてそれに興味を示さなくなることが自分に起きる時がやってくる、という流れが必要です。何にも手を出すことなくただ頭の中で「興味があるんだろうか、無いんだろうか」「自分はそれを欲しいのだろうか、したいのだろうか」と考え続けるだけでは、内在している興味や欲はいつまでも消えることはなく、「だって、それを欲しいと思ったことなど無い」と言えたとして、それは対象に近寄ることさえ制限していた抑圧だったりもするのです。そういう場合には何らかの突発的な出来事で対象に出くわしたときに「自分のせいではない」「望んでなどいないのに向こうから押し寄せてきたんだ」「だから自分は悪くない」というような思いさえ出てくることがあります。これは思いっきり自分から逃げ出している状態。
近寄って、知って、体験して、わかって、やがて囚われなくなる状態が自分に起きた時にこそ「それは自分にはもう必要ないから手を出さない」と言えるようになるでしょう。
日常の中に居ながら出来る練習ってたくさんあるのです。


2018.04.19 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
lemon

昨日は、静かな喫茶店でハーブティをいただきながら、今後の歩き方のために過去と現在の整理整頓の時間を。初めて入ったお店ですが、クラシックが流れていて客層は中年の方が多め。
先日は監督や俳優さんの舞台挨拶があるとある映画に行ってきたのですが、これは「始末」がよくない作品でした。おそらくは作った方がもう少しその物語に飛び込んでしまえば突き抜けることが出来たのかも。自分とは違った世界観をそこに見ることが出来て、とても勉強になったのでよかったです。

2018.04.16 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
自分という存在について興味を持って調べていくという視点や姿勢があるのと無いのとでは、結果的にずいぶんと違った人生を体験することになるのだなと思います。自分という存在を扱おうとする位置を作っていくことに意味があると思えていない状態のままだと、起きる出来事に翻弄されて、ただそのことによって右往左往し、喜怒哀楽の感情そのものになって自らの存在を忘れてしまい、それがどこまでも続いていくという…繰り返しが想像できます。
どこかで、何らかの機会に流されるように生きることを踏みとどまって、自分という存在のことをもっともっと知っていいのだという世界へ一歩踏み出すことが起こせたなら、まるで違う人生へのそれは入り口になるでしょう。
いつかは時間軸を外れて、もう忘れてしまっている様々なものたちにつないでいける、そんな可能性を感じられる、考えもしなかった思いつきもしなかったことが近くに感じられる、そんなことが自分に起きるようになります。やはり日常の瞑想が役に立つでしょう。

2018.04.10 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
なんらかの過去の整理がうまくいっていないままの人は新しい一歩を踏み出しにくいはず。自分を一歩前に出してやりたいと思えるようになった時には、過去の感情の整理にフォーカスすることに向かうといいでしょう。もちろん慣れていない方は専門家の人にサポートしてもらいつつ進めていくことが肝心です。ひとりで取り組もうとして、自分が感情に呑み込まれていることに気が付かないままで、さらに様々を変えられる気になってしまって、あとの結果が出ない、なんていうことも無いとは言えないのです。自分にはさらなる専門的な勉強が必要だ、と思えるといいです。実際学んだり、その道の先輩に助けを求めたりということで開かれるものがあるはず。

2018.04.07 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
何を決めて、あるいははっきりと目的意識を持って、ここからどこに向かって進み始めますか? ここ最近は、自分の中の重要なこととそうでは無いことっていうのが浮き彫りになってきたよっていう方が少なくないようですね。そういう話しをよく聞きます。
私の節目体験としては先日、胃腸が一時停止しました。食べ物も考え方も対人関係についてもですが、自分に取り入れるものと取り入れないものとについてあらためて考えさせられてるいるなと。もちろんそれまでにすでに考えていたことをさらに実行することを踏まえた上で決断するっていうことが自分に起きたよってことなのですが。体調の変化も良い悪いじゃ無いこともあります。

2018.04.04 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
先日午前中からお散歩がてら、仕事の前に桜を見にいきました。作ってもらって食べるお弁当も美味しいものですね。今年はふきのとうが口に入りました。15年以上食べてないと思います。最近、生まれて初めてセロリ料理をがっつり食べたり。美味しい、が、変わったなと思っています。

2018.04.01 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ひとつずつ、小さく小さく、それでも自分の意思で決める。その決断が人生を生み出していくのだ、と、再確認する。もうこれからは自分の感情から離れたものを選ばなくていいのだ、と自分自身とお話ししましょう。そういうのも大切な時期。

2018.03.15 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ありがとうって言えたのだと、Nさんは言いました。大切なはずの誰かにそう言えるってことの喜びを人生で初体験したそうです。間に合って、よかったね。そう言わせてくれた、今この時にその手順を踏ませてくれたのは他ならぬ、その大切な方です。忘れられない春になりますね。奪われようのない無くしようのない宝物。

2018.03.12 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
何かをわかってほしい、相手にわからせたい、という思いが強くなりすぎて、いつの間にか「説得し始める」というような絵になることがあります。ここでまず確認する必要のあることは、誰かを説得しようとしている自分から出た言動では他者の気持ちはなかなか動かない、ということです。
どこを変えたらいいのか、ってことですが。自覚することからです。自分の欲求を正論からではなく、日頃思っていて感じていて、だけれども感じることを横に置いてしまっている自分の本音を自らが感じるところからが大切なことです。取り組んでみるところからが大切ってこと。
自分がまだ受け止め切れていない感情ってやつは、他者に無自覚に「無条件にうんと言え」「面倒見ろ」というような表現にもなることがあって、これまた無自覚な欲求のままの思い通りの対応を相手はしてくれないものです。
こんがらがってしまっているように見えるものでも、ゆっくり見つめていくことで、糸口は見つかるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワーク&セッションでの日々の取り組み、報告など気軽に連絡ください。
ワークの報告・連絡用フォーム

2018.03.07 Wed l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

今日は、水がおいしい、ということが、嬉しい日でした。

ice

少しずつ春らしく。

2018.03.04 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
気がつくと明日は満月。自分の気持ちの確認が重要になるかな。正しさとか正論で、じゃなくて、自分がどうしたい、どうなりたい、っていう気持ちをより自覚していくといいでしょう。普段は言えないこと、自分が自分に明らかにすることさえ抵抗している本当は思ってること、それらと向き合うことが大切です。今はいつもより怖くないはず、自分の方を向くことが。
自分が自分の抱えている感情に正直になるほど、様々な感情を否定することなく受け入れていくほど、結果的に目の前にいる大切な人が心をより開くことが自然な動きとして起きやすくなります。だから、自分が緊張してるとか、身構えてるっていう場合には、相手も自ずとそうなりやすいです。まるでほどく糸口のないような状態になっていったりします。こういう反応をくれるような状態が欲しいのに、どうしてだかそうはならない…いったいなぜ…どうして…、どうしたらいいの? という感じの風景になります。
普段から、自分が自分に優しくしてるか、厳しくしてるのか、思いやってるか、無視してるのか、育ててるか、放置か、様々な場面での自分が自分に対して表している接し方を見つめてみましょう。自分が持っている対人関係のあり方の小さな型がそこに発見できるはず。

2018.03.01 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
自覚していないところに存在している自分の感情と出会っていくことが重要です。今起きている日常の不具合の元を変えていけるという、可能性の部分です。自我と潜在的感情では違うことを言っているというのも普通のことです。
例えば「欲しい欲しい」とどれだけ声を大にしていても、深いところにある感情や潜在意識の部分で「不要だ」と思っていたり「手に入れてはいけない」と信じ込んでいたなら、それはこの三次元である現実社会に起きることは無い、のです。
そんな自分自身の深いところにある自分の信じてしまっているものに出会っていこう、必要なら解除していこう、という目標設定が必要になります。そのためには、日常の中に瞑想や呼吸法がまず必要です。たとえ1分でも、です。練習し続ける意思をまずは育てていくことが肝心です。その積み重ねの先に、小さな答えとの熱い出会いが待っているでしょう。そこからさらに旅は続きます。

2018.02.26 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
それは自分の自分だけの真実で。常識とか一般論じゃどうしようもないものだったりすることだってある。だけど自分にとっての本当のことで、今回の人生の生きる意味みたいなところに、それが確信というものに近いところにあるような感じがするっていう、そんな体験も重要なことでしょう。ひとつひとつ確かめてゆくみたいに、これからのひとつひとつを実感していくと、もっとさらにわかってくることは増えるでしょう。

2018.02.23 Fri l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
無自覚だった自分の感情と出会って自分のものとして実感していくのって、こわいこと、だと思ってる方も結構いらっしゃいます。今そう思えるのは、その通りだと思います。たくさんある中のまだ出会い始めていない自分の感情との遭遇が恐れという今の感情から妄想的になる場合もあります。ひとつずつ出会っていくことが重要で、ちゃんと受け止めて理解していくことが肝心で、その放置されてきた感情が持ち主であるあなたに「本気で悪さや復讐」をしてくることはありません。出会うと決めたなら、本当のあるがままの自分をどんどん受け入れていくと決めたなら、そうのように知っていく道を模索しながら進んでいくのです。理想ではなく実際の行動とともに。

2018.02.19 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
例えば、そもそも何かの能力を身につけたいって欲求を何らかの事情で我慢しているのか、誰かとこういう時間を過ごしたいって欲求を何らかの事情で諦めてたり積極的な行動を起こしてなかったりしているのか、どちらに自分のまだ果たされていない強い欲求は近いでしょうか? 立場や仕事、資格、自立というような方向性なのか、自分以外の誰かとの関係性というものを求めている方向性なのか、そういう自覚は必要ですね。あれもこれも欲しい、くれるなら欲しいっていうのでは無くて、自らが何かの練習して獲得していくものとして捉える必要があるでしょう。

2018.02.13 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近、一見仲良くは無いけれど本当には好きなんだとか、いや本当に好きじゃないんだ、とか、そういうことを言い合っている話を見かけます。どっちにしても一度ちゃんと立ち止まって考えてみる必要はありそうです、なぜなら、何にしろ本当に興味が無いならそういう話は自分に降り注いでこないもの、ですから。自分が本当には何が好きで、好みで、そういうことを覆い隠して、自分の表面にも隠しているから、こうなるのかも…ってことを考えていくことは重要でしょう。本当のところ、自分自身が自分の表面に向かって本当のことに気がついて!って叫んでるっていう事態かもしれないわけです。追いかけてくる人は問題に向かうための「きっかけ」っていうことかもしれない。だとしたら、災難では無く、腹を立てるばかりのことではなく、自分自身に向かい始めることの出来る春の「きっかけ」なのかもしれない。

2018.02.11 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
素直なあるがままの自分の感情を否定し建て前を採用し続けていると、自分が自分の感情の存在を否定していること自体に無自覚になっていき、建て前が本当の気持ちだと勘違いを起こし始めます。社会の一般常識ってやつに埋もれて、周囲に合わせて生きることは、今の社会的なその場では便利なことも多い反面、自分の本当の気持ちからはだんだんと離れていってしまいますから、いつもどこかに何かに満足してない自分を感じることになりやすいでしょう。ストレスを深いところに溜めていくことになりがちです。
そういう場合には、小さくはリフレッシュが必要です。日常の中にある休日の範囲で可能なことから選んでください。いつもとは違うことをしましょう。さらには、呼吸法や瞑想、イメージングなどのワークを採用していくと効果的です。中心に置かずに横に追いやってしまっている自分の本当のこと、感情の言い分などとの出会いが起きやすくなります。
無表情のような生気の無い「顔」じゃない「自分の顔」で日々を生活していくことに繋がります。豊かさや望む人間関係など、欲しいものの様々は自分らしい顔で生きていった方が手に入りやすいはず。
自分に隠してきてしまっている自分を受け入れていこうと思うところから、始まっていくのでしょう。

2018.02.08 Thu l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
結局は、どうしたいのか、が、肝心。
たくさんの都合や言い訳や、そういうのみんな取っ払って。自分が本当はどう思っているのか、ということに興味を向けて見つめること。内側に入っていく静かな時間は大切。

2018.02.05 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
感情的になりすぎる種類のものを持っているなら、そこは見つめる必要のあるポイントです。まずはそういうところが自分にあるってことを発見できるか、思い出せるか、というところから話は始まるでしょうが。
何らかのワークを継続的にしている場合には、そういう自分のことを発見しやすくなっていくでしょう。立ち止まりやすくなります。振り返ることがしやすくなります。何らかのワークというのは様々ですが、たとえば継続的にとあるテーマに沿った練習や学習を続けているかどうかということです。
感情的になりすぎる場合には、例えばいたたまれない感情の自分の扱い方を手に入れていないため正面から見据えることが出来ずに、とにかく忘れようとするとか遠のくことになるでしょう。時に無自覚なまま。
自分自身のことで知る必要のあることは、本当にはとてもたくさんあります。知らないままで生きていくのと知りながら模索しながらの日常とでは、同じ24時間でもまるで違う人生ってことです。まるで色が変わるでしょう。

2018.01.27 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
20㎝以上の雪が積もりました。次の日の今日は晴れで、気温も上がり、あっという間に溶けてしまいましたが、道路脇にはかなり残っていました。やっぱり子供たちがとっても嬉しそうですね。私は昨日の夜のうちに、しんしんと降り積もってく最中をほんの少し歩きました。その後はあったかいココアを。
今日は遠方からのFさんも、昨日到着していて雪景色堪能されたようでした。新しい発見もありましたしね。今回のキーワードは「結ぶ」でした。宝物探しのように、ここからいろいろをたどっていきましょう。

2018.01.23 Tue l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
自分の想いとか考えとか、意思を発揮しないまま、他者との会話とか流れに責任回避ゆえの人任せでラクをして乗っかってしまうことを繰り返していると、誤解されていくのは当たり前だし、時には思わぬ火傷をすることにもなるよ、という話が今日は出ました。
どの人にも良い顔したいのは、なんとなく好かれてる風でありたいから、ということだったけれど、本人の個性不在のままイイヒトってのも無いだろうと思います。誰にどんな人に好かれたいんだろうね。人には好みや傾向というのがある以上は全員から好かれるというのはあり得ないわけだし。

2018.01.21 Sun l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
問う、ということが日常に存在している人もいれば、そんなこと考えもしない、という人もいる。魂のあるいは今生のそれぞれの予定があるだろうから、ということで、相手の中に見るよりよくできる可能性のある気になったものがあったとしても、それを促すことにつながる言動を起こすなど、頼まれてもいない場合には相手に介入しすぎないことが肝心。そんな時、相手に関わろうとする際に気をつける必要のある点は、何か正しいこと、や、何か素晴らしいこと、を、その相手に押しつけようとしてはいないか…ということ。相手にアドバイスだという姿勢で出会いつつ、本当は、その相手に自分の側に来てほしい、特別に仲良くなりたいなんていう意図やネライが隠れてい時もある。わからせたい、という場合もある。それは支配的で被支配的なものがたり。
自分の向かう目的意識が生き生きとはっきりしている場合には、旅の途中で通りがかりの茶屋で休憩したとて、遊びに行ったとして、それを責められたりした際も、本来の道を外すことは無いだろうなと。紙に書いただけの生きた目的になっていない場合には、目標に向かうぞ!と口にしながらも、休憩する以前にすでに道は失われているかもしれない。

2018.01.13 Sat l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
自分の意思、信念を試されるようなとある出来事の渦中。揺さぶられる中で、本当に揺れてるのか、結論さえ揺るがすのか、じっくり感じてみているのだが、どうも揺れていないようで。自我の表面のところがビックリするとかあたふたするとか、そういうのはあるのだけれど、人生の舵取りと関係あることだけに慎重になってみているが、私はいつからこのように思い考え決める人になっていたのだろう…って考えたりして。これらの体験全部、仕事の中身に投入可能だなと思う。
そういうえば、プログレスの太陽は蠍座の終わりの方にあって。なるほどって思う。終わりがけの執着、の体験。この秋までを積極的に見つめようと思う。この秋には30度に移り本当に蠍座の最後となる。

2018.01.08 Mon l sana日記 l COM(0) TB(0) l top ▲